水曜日に抱かれる女
ホーム > 作品情報 > 映画「水曜日に抱かれる女」
メニュー

水曜日に抱かれる女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

男にとっての“夢の女”を演じきる悪女と彼女に魅入られたエリート青年の焦燥を描くサスペンス。監督・脚本は「ロンリー・ブラッド」「運命の逆転」の脚本家で本作が監督デビューとなったニコラス・カザン。製作は「S.F.W.」のシガージョン・サイヴァットソンと「ドロップ・ゾーン」のウォリス・ニキータとローレン・ロイドのコンビ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「運命の逆転」でカザンと組んだ「ストリートファイター(1994)」の大物製作者エドワード・R・プレスマンとスティーヴ・ゴリン、撮影は「ポンヌフの恋人」などレオス・カラックスとのコンビで知られるジャン・イヴ・エスコフィエ、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、編集はスーザン・クラッチャー、美術はリチャード・フーヴァー、衣装はバーバラ・トゥファンクがそれぞれ担当。出演は有名TVシリーズ『ツイン・ピークス』のウェイトレス、シェリー役で人気を得た「完全犯罪(1994)」のメーチェン・エイミックとヤッピー役で定評ある「ウルフ」のジェームズ・スペイダー、「恋のじゃま者」のベス・アームストロングほか。

ストーリー

離婚したばかりのエリート建築家のレイ・リマドン(ジェームズ・スペイダー)は魅惑的な美女リーナ・マザース(メーチェン・エイミック)と再婚する。親友のノーマン(ラリー・ミラー)、ラリー(フレデリック・レーン)、エレイン(ベス・アームストロング)らから祝福され、良妻賢母の典型のようなリーナとの間には子供も生まれて、円満な夫婦生活が続いた。ところが二人だけで祝っていた結婚2周年のディナーの席上、リーナにシシーと呼び掛ける女性が現われた。この日からリーナの正体を密かに探りはじめたレイはやがて驚くべき事実を知る。彼女の本名はテルマ・スナイダー、通称シシーで、エディという男と同棲までしていたばかりか、はじめて会った彼女の両親は聞いていたのとまるで違う人物だった。リーナは、過去を偽ったのはテキサスの田舎娘だった自分を捨て去り、新しい女に生まれ変わるためだったとレイに語る。彼女を捨てきれなかったレイはリーナを受け入れ、二人目の子供も生まれた。しかし、リーナの不審な行動は続いていた。“ベス”と称する女友達との奇妙な電話、さらに決定的だったのは水曜日ごとにリーナが何者かとホテルで密会を続けていたことをクレジットカードの請求書で知ったことだった。激昂するレイに平然とリーナは答える-「結婚以来、浮気を続けているの。相手は“ベス”で、正体はあなたの親友。子供たちの父親も私だけが知ってるわ…」レイは彼女を殴りつけるが、妻への暴行容疑で福祉施設に収監されてしまい、さらにリーナの策略で彼は精神異常者に仕立てあげられてしまった。禁治産者と認定され、施設で精神病の強制治療を受けさせられながらも、リーナの企みの全てと隠された事実を知ろうとするレイ。リーナははじめからレイの“夢の女”を完璧に演じていただけで、望むもの全てを奪った後、彼を捨てる腹だったのだ。浮気の相手は当初疑っていたお調子者のノーマンではなく、レイが相談相手にしていたラリーだった。レイは全てを知った後、かねての計画に従ってリーナを呼び出し、二人だけになってから彼女に語りかける。「きみの計画は完全なはずだったが、最後にミスをした。ぼくは狂人と認定されたから殺人罪には問われない。きみを殺した後、正常に戻って退院する」…言い終わるなり、レイはリーナを絞め殺した。退院後、子供たちと再会したレイは、リーナのことを聞かれると「ママは最高の人だった」と話してやるのだった。...

作品データ

原題 Dream Lover
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「水曜日に抱かれる女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi