ショック集団
ホーム > 作品情報 > 映画「ショック集団」
メニュー

ショック集団

劇場公開日

解説

精神病院を舞台に、殺人事件の謎を追う新聞記者の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督・製作・脚本は「裸のキッス」のサミュエル・フラー、撮影はスタンリー・コルテス、音楽はポール・ダンラップが担当。

ストーリー

精神病院で起った殺人事件の犯人を突き止めるために、新聞記者ジョニー(ピーター・ブレック)が1年間の訓練を受け、狂人として病院内に潜入して真実を探る。自分の恋人キャシー(コンスタンス・タワーズ)を妹と偽り、面会に来させて外部との連絡に使い、他の患者と接触して情報収集に励むのだが、彼らの狂気の姿と異常な環境の影響で、次第に自分自身の精神のバランスを崩していく。思わぬ犯人が判明し、彼は念願のピューリッツァー賞を受賞するが、その時にはすでに、彼自身も狂気の世界に完全に足を踏み入れてしまっていたのだった。...

作品データ

原題 Shock Corridor
製作年 1963年
製作国 アメリカ
配給 ユーロスペース
上映時間 101分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 精神病院の体験取材 ピュリッツァー賞狙いで、精神病院の内部取材を画策、医者をだまして入り込む。 殺人事件の真相に近付いていくが、本人の精神も変調をきたし始める。 こんなことを企むこと自体・・・。 ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年3月10日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ショック集団」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi