アフリカ残酷物語 食人大統領アミン
ホーム > 作品情報 > 映画「アフリカ残酷物語 食人大統領アミン」
メニュー

アフリカ残酷物語 食人大統領アミン

劇場公開日

解説

東アフリカのウガンダ共和国で、一九七一年に軍事クーデターを起こし大統領の座に就いたイディ・アミンの残虐行為を描く。製作はシャラド・パテルと「オリバー・ツイスト」のクリストファー・サットン、監督はシャラド・パテル、脚本はウェイド・ヒューイ、撮影はハーヴェイ・ハリソン、音楽はクリストファー・ガンニング。出演はジョゼフ・オリタ、ジェフリー・キーン、デニス・ヒルズ、レナード・トロリーなど。

ストーリー

1971年l月25日、イディ・アミン(ジョゼフ・オリタ)は軍事クーデターを起こし、ミルトン・オボテを大統領の座から引きずり降ろすことに成功した。この政権交代によってウガンダ国内にも将来ヘの期待感が高まった。ことに左翼思想を持つオボテに不信感を抱いていた人々の間では、なおさらだった。ところが、アミンは世界でも有数の悪名高き独裁者と化し、あらゆる権力を欲しいままにした。彼はケニアがイギリス統治下にあった頃、英国王室付きのアフリカ・ライフル銃隊に所属していたが、植民地政策に抵抗する民衆の殺害を実行した張本人だった。ウガンダ国民のアミンに対する期待は裏切られていった。彼は反抗分子を容赦なく投獄した上、裁判もせずに処刑していく。また彼は処女をレイプし、黒人と白人の女性とトリプル・セックスを夜毎くり返すだけでなく、人肉も食べる野蛮人でもあった。アミンは、キリスト教会がウガンダを回教国に改宗しようとする計画を脅かす存在だったことから、同教会への弾圧を開始、英国教会大司教ルウムを逮捕し、自動車事故に見せかけて殺害した。その他にも、白人ジャーナリスト、アジア人、学生、公務員、政治家などの国外追放を推し進めた。そんな状況下で起きたエンテベ空港事件は、アミンの政治生命の一つの転機となった。タンザニア軍と反アミン勢力(ウガンダ解放国民戦線)が連合し、アミン打倒の戦いののろしを上げたのである。大統領の座にあること8年、血と残虐に彩られたアミン政権も、壮絶な戦いの未、連合軍によって遂に最期の時を迎えた。血の粛清によって最高権力者の地位につき、悪の限りを尽くしアミンも、息をひきとった。...

キャスト

作品データ

原題 Amin The Rise And Fall
製作年 1982年
製作国 イギリス
配給 フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全1件)
  • タイトルで損してます ウガンダのアミン将軍は「自由」と「解放」を掲げ、軍事クーデターを起こし政権を奪取する事に成功。 自ら大統領へと就任したアミンは、自由解放路線を信じた国民の支持を得て、反対派の虐殺を開始する。 最... ...続きを読む

    かもしだ かもしださん  2014年1月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アフリカ残酷物語 食人大統領アミン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi