少林寺2
ホーム > 作品情報 > 映画「少林寺2」
メニュー

少林寺2

劇場公開日

解説

82年に公開され大ヒットした「少林寺」の続篇。中国の伝統武術を継承する〈少林派〉と〈武当派〉の対立、両者が協力しての匪族一味との闘いを描いたクンフー・アクション。製作総指揮はリュー・イェット・ユエン、製作はフー・チーとラオ・フォン、監督はチャン・シン・イエン、脚本はホー・シュー・ウワとリュン・チ・キュン、撮影はチャウ・パク・リン、出演はリー・リンチェイ、フー・チェン・チァン、ユエ・ハイ、ティン・ナンなど「少林寺」のスタッフ・キャストのほかに、ヒロインがファン・チュウ・イェン、本国での題名は「少林小子」。

ストーリー

遠い昔--鳳村を流れる清らかな川のほとりに二つの家があった。一つは〈少林派〉の拳法師家、天龍(干海)が世話をしているファミリーで、もう一つは〈武当派〉を継承している鮑(干承恵)を族長とする鳳一族だった。天龍は弟・二龍(胡堅強)と、盗賊団のため両親を殺された三龍(李連杰)を筆頭とする八人の男の子を育てていた。一方の鮑家には長女の大鳳(馬青)、二女の二鳳(丁嵐)、三女の三鳳(黄秋燕)など女の子ばかり八人。鮑は子供が産まれる度に男の子を期待するのだが、いつもハズレてばかりだった。天龍はかねてから大鳳にプロポーズしているのだが、持参金(牛)が足りなく鮑に断わられ、また二龍と二鳳は愛しあっているものの、結婚のために武当派の秘伝・技術が少林派に洩れるのを恐れる鮑が交際を禁じてしまった。こうした状況を察した三龍は両家の仲がうまくいくように努力するのだが、鮑のガードは固く、三鳳と拳法の腕比べをする羽目になってしまう。しかし、その戦いの中で二人は少林と武当の技の交流を確かめあい、さわやかな気持ちになるのだった。その頃、中国各地を荒らし回っていた盗賊団が鳳一族の財宝に目をつけ、密偵を村に送り込んで、両ファミリーの仲をますます険悪にさせるべく暗躍した。やがてお互いが忘れられない二龍と二鳳はついに村から出奔、怒った鮑は天龍たちを村から追い出した。好機到来とばかり、盗賊団が襲撃して来た。応戦する鮑たち。だが多勢に無勢、もはやこれまで、という時に天龍、三龍たち少林拳士が駆けつけて来た。今は協力して、盗賊たちと戦う両ファミリーが見事に敵を全滅させるのだった。...

作品データ

原題 Shaolin Temple 2
製作年 1983年
製作国 中国・香港合作
配給 松竹富士
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全2件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「少林寺」シリーズ関連作品

  • 少林寺2(1983年)
  • 少林寺(1982年)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi