情事のあとで
ホーム > 作品情報 > 映画「情事のあとで」
メニュー

情事のあとで

解説

突如としてレイプ容疑をかけられた男と、男を救おうとする妻の闘いを描いたサスペンスドラマ。売れない作家の夫イアンと、ブティックを経営する妻ジェシー。結婚6年目になる2人は順調な夫婦生活を送っていたが、ある日イアンがレイプ事件の容疑者として逮捕されてしまい……。妻ジェシーに扮するのは、テレビ版「チャーリーズ・エンジェル」シリーズのクリス・マンロー役で知られるシェリル・ラッド。

スタッフ

監督
製作
カーネギー・フィールドハウス
トレイシャ・ゲント
原作
ダニエル・スティール
脚本
リチャード・キャシディ
撮影
ドナルド・マカルパイン
編集
エイドリアン・カー
音楽
ブルース・ローランド
グラハム・ラッセル

キャスト

作品データ

原題 Now and Forever
製作年 1982年
製作国 オーストラリア
上映時間 92分

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 原題がエンディングを予感させました ネタバレ! 主人公(夫)の相手の、法廷でさらす深層に踏み込みが足りないのは残念でした。別れた夫への愛憎なかばの感情を描ききっていたならもっと深い映画になったでしょう。 エンデイングはどちらかというと、男の願... ...続きを読む

    muti.s muti.sさん  2008年1月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi