シュロック
ホーム > 作品情報 > 映画「シュロック」
メニュー

シュロック

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

カリフォルニアのとある街が、世にも不思議な怪物に襲われるという怪獣映画。製作・編集はジョージ・フォルシー・ジュニア、製作はジェームズ・C・オロウク、監督・脚本は「ブルース・ブラザース」のジョン・ランディスで、これは彼の初の35ミリ作品。撮影はボブ・コリンス、音楽はデイビッド・ギブスン、メイクはリック・ベイカーが各々担当。出演は監督のジョン・ランディス、ソール・ケイハン、ジョセフ・ピアンタドーシ、エリック・アリソン、エンリカ・ブランキーなど。

ストーリー

カリフォルニアのとある街。ある日、大事件が発生する。年に1度のピクニックに出かけた住民たちが、全て何者かに惨殺されたのである。事件の現場には、バナナの皮がどういうわけか散乱していた。調査に乗り出す警察。TVでは、大事件としてニュース・ショーで特集される。死体は239体以外は全部無残にバラバラにされていた。そこで、バラバラ死体は何人分になるか、正解に近い数字を寄せて来た者にケンタッキー・フライド・チキンのディナー・セットとコカ・コーラのパックを贈る、と視聴者に語りかけるニュース・ショーのキャスター。数週間が過ぎ、この何者かによる殺人の犠牲者が789人にものぼった。人類学者の調査の結果、犯人は人間ではなく類人猿に近い生物であることが判明。その怪物が住むと思われる洞窟へ侵入する人類学博士。人人が見守る中、怪物が突如現われ、その場を混乱させ街へと姿を消した。怪物は、ミルクを常食とし、バナナばかりでなくチョコレートやアイスクリームを好んで食べる甘党であることが判明。街を荒し続ける怪物は、マックィーン主演の「絶対の危機」や「最後の海底巨獣」などを上映している劇場にまで出没。犠牲者はさらにふえるが、ウィーノ警部(ジョセフ・ピアンタドーシ)率いる警察隊も必死だ。遂に怪物を高層ビルの屋上へと追いつめた。やがて怪物は警察隊に射殺され、ビルの層上から落ちてゆくのだった。そのころ、野原にある怪物の住んでいた洞窟からは、姿を消していた人類学博士が、怪物の子どもを抱いて出てくるのであった。...

作品データ

原題 Schlock
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 ぴあ提供

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「シュロック」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi