ジュリアス・シーザー(1969)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジュリアス・シーザー(1969)」
メニュー

ジュリアス・シーザー(1969)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ジュリアス・シーザー』の映画化。製作は弱冠29歳のピーター・スネル、監督は「オセロ」のスチュアート・バージ。脚色は新人ロバート・ファーニバル、撮影を「ジョージ・ガール」のケン・ヒギンズ、美術を「クレオパトラ(1963)」のモーリス・ペリング、編集をエリック・ボイド・パーキンス、音楽を新人マイケル・ルイス、衣装をバーバラ・ギレットがそれぞれ担当している。出演は「猿の惑星」のチャールトン・ヘストン、「ブリット」のロバート・ヴォーン、「ウェスタン」のジェイソン・ロバーズ、「空軍大戦略」のジョン・ギールグッド、「カーツーム」のリチャード・ジョンソン、リチャード・チェンバレン、クリストファー・リー、デイヴィッド・ドディミード、「女王陛下の007」のダイアナ・リグなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

ストーリー

栄光のローマ共和制を築きあげた英雄ジュリアス・シーザー(サー・ジョンソン・リチャード)の凱旋の日。側近アントニー(チャールトン・ヘストン)、ブルータス(ジェイソン・ロバーズ)等を従え、ローマ市民の熱狂的な歓呼に迎えられたシーザーは、幸福と満足感の絶頂にいた。今日のこの栄光を得るまでのシーザーには、波乱に満ちた政治と愛の歴史があった。そして、その卓抜な才能と権力意志によって、今日の凱旋を迎えるまでになったのだった。だがその繁栄の陰に、今やひとつの陰謀が渦巻いていた。その陰謀とは、シーザーの暗殺計画であり、首謀者は共和制擁護派のキャシアス(リチャード・ジョンソン)とキャスカ(ロバート・ヴォーン)であった。彼等は巧みな言葉でシーザーの心の友であり、高潔な文人のブルータスを謀叛一派にひき入れようと図った。「シーザーが王位を狙っている」というキャシアスの流言に、ついにブルータスはローマの自由と平和を守るため、この暗殺計画に加わる決意をする。ブルータスの貞淑な妻ポーチャは、この夫の苦悩を一身にうけながら、ただひたすら忍従するのだった。そして運命の3月15日、元老院へ向かうシーザーに、予言者アーテミドウラス(クリストファー・リー)と、以前シーザーに「3月15日に御用心」と忠告した市井の占者が、再び忠告の手紙を渡そうとしたが、英雄はそれを気にもとめず、元老院に入って行った。まず、言葉巧みに忠臣アントニーをシーザーから引離す謀叛一派。シーザーを取巻く暗殺団。キャスカの刃が一閃。逃げるシーザー。追いつめられた手負いのシーザーに最後の刃を下したのは、心の友ブルータスであった。「ブルータス、お前もか!」これが英雄シーザーの最後の、無念の言葉であった。この悲報を聞いたアントニーは、彼の遺体にすがり、堅く復讐を誓い、市民の前で決意を表明した。市民の強い支持を得たアントニーは、シーザーの甥オクタビアス(リチャード・チェンバレン)を押し立てて、ブルータスら反乱軍と対決した。幾多の激戦の末、血に染まった平原には、戦死したキャシアスと、自刃して果てたブルータスの死体があった。以後ローマでは、アントニー、オクタビアス、レピドゥス(デヴィッド・ドディミード)の三頭政治が始まった。やがてオクタビアスの政治能力の敏腕さに、シーザー復活を見たアントニーは、新しいローマのあけぼのを感じつつ勇退して行くのだった...

作品データ

原題 The Assassination of Julius Caesar
製作年 1969年
製作国 アメリカ
配給 松竹映配

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ジュリアス・シーザー(1969)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi