主婦マリーがしたことのレビュー・感想・評価

主婦マリーがしたこと

劇場公開日 1990年10月5日
1件を表示 映画レビューを書く

女性性の苦しみ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ナチス支配下のフランスで、生きるために売春や堕胎の手伝いをしたマリー。それが主婦マリーがしたこと。

そして、絶望的なほどのマッチョな男性優位主義がはびこる社会の中で、マリーは苛立つ男性の腹いせとして、髪を切られ斬首刑で見せしめにされる。たかが、それごときのことで。

当時の女性が背負ったとてつもない不条理は、長い歴史の中で魔女と呼ばれ処刑された女性達と根っこは同じである。社会不安のガス抜きとして、権威の支配を強めるコマとして。

だからこそ、私達は先人達の歴史に学ばなければいけない。処刑される理屈は、いくらでも作られる。ファシズム政権下で子供を生かし自分を生かさなければならないマリーは、私達全ての女性の象徴なのだから。

ミカ
ミカさん / 2015年9月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi