シュガーベイビー
ホーム > 作品情報 > 映画「シュガーベイビー」
メニュー

シュガーベイビー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

醜く太った孤独なハイミスが若くハンサムな運転手に恋する姿を描く。製作はエレオノラ・アドロン。監督・脚本はパーシー・アドロン。撮影はジョアンナ・ヒール、音楽はドライアイアが担当。出演はマリアンネ・ゼーゲブレヒト、アイシ・グルプなど。

ストーリー

醜く太ったマリアンネ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は、葬儀所に勤めるハイミスで仕事柄のせいか、友だちもなく孤独である。唯一のストレス解消は、プールに行くことだ。ある日、毎日通う地下鉄の社内アナウンスの、若い運転手の声に全身に電流が走り、たちまち恋に陥った。5週間の休暇を取った彼女は、その若者フーバー(アイシ・グルプ)の乗務する電車を追いかけるが、複雑なダイヤのためになかなか出会えない。そこで乗務員詰所にしのび込んで勤務表を盗み出したり、同僚の運転手にその読み方を教えてもらったりしながら、毎日研究しつくし、ついに彼が乗務する電車を完全に把握した。彼女は、これまでの孤独な生活に終止符をうち、彼の心をつかむという大きな望みに情熱を注ぎ彼女自身も生き生きとしてきた。望遠鏡を買い込んで彼のアパートを偵察し、彼の妻が葬式で数日間あけることまでつかむ。美しいワンピースに身を包み、完璧な装いで外に出ると、彼女は彼がいつも使う菓子の自動販売機の前で彼を待った。いつものようにボンボンを買いに来た彼をお茶に誘うことに成功したマリアンネは、みごとに彼の心をつかむこととなる。いたれりつくせりの彼女のやさしさに、フーバーもひかれたのだ。ある晩ロックンロール・バンドの「シュガーベイビー」の演奏を踊りまくっている二人の前に妻が立ちはだかり、マリアンネを叩きのめす。しかしそんなことぐらいでマリアンネは諦めない。翌日、顔にアザを作った彼女は、ボンボンを片手に着飾って地下鉄のプラットホームで彼を待つのだった。...

スタッフ

監督
脚本
パーシー・アドロン
製作
エレオノラ・アドロン
撮影
ジョアンナ・ヒール
美術
Mathias Heller
音楽
ドライアイア
編集
Jean Claude Piroue
衣装デザイン
Regine Batz
Silvia Risa
字幕
堀越謙三

作品データ

原題 Zuckerbaby
製作年 1984年
製作国 西ドイツ
配給 ユーロスペース

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi