自由な女神たち(1997)
ホーム > 作品情報 > 映画「自由な女神たち(1997)」
メニュー

自由な女神たち(1997)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ポーランド系一家の奔放な女たちと彼女らに振り回される男たちをコミカルに描いたファミリードラマ。監督・脚本は本作がデビューとなる新鋭のテレサ・コネリー。製作はトム・口ーゼンバーグ、ジュリア・チュイズマン、ジェフ・スティア。製作総指揮は「ラブ・ジョーンズ」のニック・ウェクスラーと、シグルジョン・シヴァッソン、テッド・タネンバウム。撮影は「カミーラ あなたといた夏」のギイ・デュフォー。音楽は「イル・ポスティーノ」のルイス・エンリケ・バカロフ。美術は「ストレンジ・デイズ」のカーラ・リンドスドロウム。編集はカーティス・サイリトン。衣裳は「ハッピィブルー」のドナ・ザコウスカ。出演は「レインメーカー」のクレア・デーンズ、「心のままに」のレナ・オリン、「エンド・オブ・バイオレンス」のガブリエル・バーンほか。

ストーリー

デトロイト。奔放な娘のハーラ(クレア・デーンズ)はヤドヴィカ(レナ・オリン)とボレック(ガブリエル・バーン)のプショーニック夫妻の娘。ヤドヴィカは一家を支えながら金持ちのロマン(レイド・サーベンジャ)の愛人でもあった。夜間のパン職人であるボレックは彼女の浮気を見て見ぬふり。そんな折り、ハーラは地元の警察官ラッセル(アダム・トレッセ)と知り合い一夜をすごして妊娠してしまう。そんな娘を目の前にして冷えかけていた夫婦は絆を取り戻した。カトリック教会の処女祭。聖女に選ばれていながら妊娠しているハーラを観衆があざ笑うが、ヤドヴィカはそんな彼女を抱きしめるのだった。...

作品データ

原題 Polish Wedding
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 106分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「自由な女神たち(1997)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi