13日の金曜日 ジェイソンの命日
ホーム > 作品情報 > 映画「13日の金曜日 ジェイソンの命日」
メニュー

13日の金曜日 ジェイソンの命日

劇場公開日

解説

1980年に一作目が製作されその後7本の続編や、数々のパロディ作品が作られたホラー、「13日の金曜日」シリーズ。本作では殺シーンに加え、殺人鬼ジェイソンのルーツや、彼の家族の姿も描いている。監督は本作が第1回作品となる若干24歳のアダム・マーカス。製作は1作目の監督であり「ザ・デプス」なども手掛けているショーン・S・カニンガム。脚本はディーン・ロリーとジェイ・ヒューグリー。編集は「ザ・デプス」のデヴィッド・ハンドマン。音楽は本シリーズを手掛けてきたハリー・マンフレディーニが担当。

ストーリー

1992年、クリスタル・レイク。かつて忌まわしい惨劇がおきたこの湖を訪れた女性が何者かに襲われる。殺人鬼ジェイソン(ケイン・ホッダー)がまた現れたのだ。森の中を逃げる女、追い詰めるジェイソン。その時、完全武装した特殊部隊が現われジェイソンを包囲する。女はジェイソンをおびきだすオトリだったのだ。部隊にハチの巣にされ、爆弾を浴びたジェイソンは木っ端微塵に吹き飛んだ。殺されても何度でも蘇るジェイソンのを科学的に解き明かすため、彼の肉片が研究所へと運ばれた。厳重な警備の中、肉片の分析が開始されるが、その中の心臓が突然動きだした。唖然と見つめる検視官が、何者かに取り憑かれたように、心臓を飲み込んでしまう。検視官に乗り移ったジェイソンは人から人へ乗り移りながら、自分が生まれ育ったボリーズ家へと向かう。彼は人に乗り移っても、長い時間その身体を使うことができず、破壊された肉体を再生させるためには、自分と同じボリーズ家の血を引く者が必要であったのだ。ジェイソンの血族は現在、彼の妹ダイアナ(イリン・グレイ)その娘ジェシカ(カリー・キーガン)、ジェシカの子ステファニーの三人だけであった。遂にジェイソンはダイアナの命を奪うが、彼女に乗り移る前に、ジェシカの前夫であるスティーブン(ジョン・D・ルメイ)に妨害される。スティーブンは、ずっとジェイソンを追っていたバウンティ・ハンターのクレイトン・デューク(スティーブン・ウィリアムズ)と手を組み、ジェイソンを追う。そして聖なる剣で、ジェシカの婚約者ロバート(スティーブン・カルプ)にとりついていたジェイソンを倒す。全ては終わった…が、ジェイソンの屍が横たわる地面から、フレディ(「エルム街の悪夢」のキャラクター)の鉄の爪が現われ、ジェイソンを地中深くへ引きずりこんだ…。...

作品データ

原題 Jason Goes to Hell: The Final Friday
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 91分

提供:株式会社キネマ旬報社

「13日の金曜日」シリーズ関連作品

他のユーザーは「13日の金曜日 ジェイソンの命日」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi