シャドー(1982)
ホーム > 作品情報 > 映画「シャドー(1982)」
メニュー

シャドー(1982)

解説

ミステリー小説の作家が殺人事件にまき込まれ、犯人を探し出そうとするというスリラー。「インフェルノ」(80)のダリオ・アルジェントの原案に基づいて、彼とジョージ・ケンプが脚本を執筆。兄のクラウディオ・アルジェントが製作に当り、父のサルヴァトーレ・アルジェントがエグゼキュティヴ・プロデューサーをつとめている。撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はシモネッティ・ピナネッリ・モランテが担当。出演はアンソニー・フランシオーサ、ジョン・サクソン、ジュリアーノ・ジェンマ、ダリア・ニコロディ、ジョン・スタイナーなど。イタリア原題は“Tenebrae”。

ストーリー

ニューヨークのケネディ空港から、ミステリー小説の作家ピーター・ニール(アンソニー・フランシオーサ)がローマに向けて飛び立つ。新作『暗やみの祈り』のプロモーションのためだ。彼の乗った飛行機を見送る謎の女。その頃、ローマのデパートで『暗やみの祈り』を万引したエルザが、自宅にもどって来たところを何者かによってナイフで首を切られて死亡。現場には『暗やみの祈り』が残されていた。ローマについたピーターは、エージェントのブルマー(ジョン・サクソン)に迎えられる。空港で即席の記者会見がひらかれ、旧友の女性記者チルデが彼に鋭い質問をなげかける。空港の外で、ピーターは先に来ていた秘書のアン(ダリア・ニコロディ)と、ブルマーの助手ジャンニ青年に会う。ピーターらがホテルにつくと、部屋にローマ警察のジェルマニ警部(ジュリアーノ・ジェンマ)とアルティエリ刑事が待っていた。エルザの事件について質問し、床に手紙が落ちてましたよという。開封してみると、『暗やみの祈り』の一節を引用してあった。そこヘ電話がかかり、「お前の小説通りやった。もっとやるぞ」と不気味な声。その夜、チルデと、彼女と同性愛の仲だったクラウディアの二人が、『暗やみの祈り』そっくりの方法で殺された。そして、またしても脅迫状が届いた。翌日、ピーターはTVで文芸評論家ヴェルディ(ジョン・スタイナー)と対談した。ヴェルディは作品の異常さが社会におよぼす影響を鋭く問いただす。ホテルのマネージャーの娘マリア(ララ・ウェンデル)は、ジャンニと出かけるが、途中でジャンニの嫌らしい態度に反撥して別れる。夜の街を歩く彼女に狂暴な犬が吠え、追いかけてくる。犬に噛まれて傷つきながら、彼女はとある家に逃げ込む。その家には、それまでの被害者の絶命直後の写真が多数おいてあった。あわてて家をとび出したものの、彼女も犯人に殺されてしまう。ピーターは自分なりに事件を推理し、ジャンニと一緒にヴェルディ邸に忍び込む。ピーターとわかれて窓を見張っていたジャンニは、ヴェルディが何者かに斧を頭に振りおろされて殺されるのを目撃。ショックを受けてピーターの所へもどると、ピーターは頭をなぐられて倒れていた。翌日、ヴェルディ邸の捜査が行なわれ、ピーターは「シャーロック・ホームズが言ってるように、不可能を消去して残ったものが、たとえ意外にみえても真実ですよ」とジェルマニにいう。ニューヨークにいるはずのピーターの婚約者ジェーンがローマにいた。彼女は今ではブルマーと愛しあっていたのだ。夜、ヴェルディ邸に調査に行ったジャンニが殺される。さらに、ジェーンと昼食の約束をして待ちあわせていたブルマーが白昼、広場で刺殺された。ジェーンの電話をうけたアンが、ジェーンのとまっている家ヘゆく。ジェーンは銃を手にして待っていた。そのジェーンを殺す犯人。さらに、犯人はかけつけたアルティエリも殺害。アンとジェルマニの前に姿を現わす真犯人ピーター。彼は少年の頃に殺人を犯しながら証拠不十分でつかまらなかったという前歴の持主で、精神異常者だったのだ。ローマに来て、それまでの犯行がヴェルディによるものということを推理し、彼を殺すと今度は自分が凶行をひきついでいたのである。ジェルマニを殺してアンに迫るピーター。危うい所でアンはピーターを殺し、このいまわしい連続殺人に終止符をうつ。...

作品データ

原題 Shadow Tenebrae
製作年 1982年
製作国 イタリア

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

シャドー シャドー シャドー
シャドー シャドー シャドー
2015年4月9日 2016年7月30日 2014年6月11日
¥1,990 ¥500 ¥324
U-NEXT ビデオマーケット GYAO!ストア
※31日間無料 ※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi