ジャッカルの日
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャッカルの日」
メニュー

ジャッカルの日

劇場公開日

解説

ドゴールフランス大統領暗殺を請け負った1匹狼の殺し屋ジャッカルを、これを阻止せよとフランス警察の全県を委任された1警視ルベルの戦いを描いたフレデリック・フォーサイスのベストセラー小説「ジャッカルの日」の映画化。製作はジョン・ウルフ、デイヴィッド・ドイチェ、ジュリアン・デロード、監督はフレッド・ジンネマン、脚本はケネス・ロス、撮影はジャン・トゥールニエ、音楽はジョルジュ・ドルリュー、編集はラルフ・ケンプランが各々担当。出演はエドワード・フォックス、エリック・ポーター、デルフィーヌ・セイリグ、ミシェル・ロンスダール、シリル・キューザック、オルガ・ジョルジュ・ピコ、アラン・バデル、デレク・ジャコビ、ミシェル・オールレール、バリー・インガム、ロナルド・ピカップ、デイヴィッド・スイフト、デニス・ケリー、アントン・ロジャース、ジャン・マルタンなど。

ストーリー

1962年8月26日ペティ・クラマール郊外で、エリゼ宮殿からパリ近くの空港へ向かうドゴール大統領を乗せた車が、待ち伏せていた軽機銃で武装した1隊の襲撃をうけた。奇跡的に大統領は無事だった。すでに大統領暗殺は6回も計画されており、首謀者ジャン・マリエ・タリー中佐が銃殺刑に処せられた。全てが、アルジェリアからのフランス撤退政策をとったドゴールに反対する秘密組織OASの仕業だったが、63年に入ると政府側のしめつけが激しくなり,OASは動きが取れなくなった。国外に難をさけたOASの指導者ロダン大佐(エリック・ポーター)は最後の残された手段として、外国人でしかも当局には顔も名前も知られていない殺し屋を雇う事にした。3カ月後、その条件にぴったりの男を見つけだした。その男の暗号名はジャッカル(エドワード・フォックス)といった。契約金は50万ドル。その金を用意するためにOASはフランス各地で銀行強盗を決行した。しかしその突然のテロ行為はフランス当局を警戒させるもととなった。やがてロダン大佐の護衛の1人ウォレンスキー(ジャン・マルタン)がフランス側につかまり、拷問にかけられた。彼はしゃべらずに死んだがその断片的な言葉からフランス警察が動きだした。その頃、ジャッカルの準備も着々進み、身分証明書を偽造し、精巧な狙撃銃を作らせフランス国内に潜入した。ウォレンスキーの断片的な自白は、大統領を守る立場にある大臣(アラン・バデル)を緊張させ、早速政府首脳陣の主だった連中が召集された。会議の結果、警察のルベル警視(ミシェル・ロンスダール)と補佐のキャロン(デレク・ジャコビ)に全権が委任され、捜査が開始された。彼らの必死の活動が続き、ジャッカルに今1歩と迫ったが、殺し屋の動物的なカンのために逮捕には至らなかった。ジャッカルがドゴールの横顔に銃の照準を会わせる前に2人の犠牲者が現われた。ジャッカルとホテルで知り合い1晩ベッドを共にしたコレット夫人(デリフィーヌ・セイリグ)と、ジャッカルに肉体的魅力を感じて近づいたホモのベルナール(アントン・ロジャース)だ。その間にもルベルとキャロンの捜査網は次第にせばまったがどうしても彼を捕らえることはできなかった。1963年8月25日、解放記念日。厳重な警備を巧みに切り抜けたジャッカルはやがてドゴールが立つはずの広場を見下ろすアパートの最上回の1室で、狙撃銃を組立、その準備を完了させようとしていた。一方、この日まで、とうとう1人の殺し屋ジャッカルを捕らえる事のできなかったルベルは、周囲を警備する係員から、年老いた1人の傷痍軍人がアパートには入った事を聞きだした。やがてドゴールが到着し、式典は予定通り始まった。窓からドゴールの横顔を狙うジャッカル。発砲。だが、ドゴールの頭が1瞬動き、弾は外れた。2発目を込めようとした時、警備員を伴ったルベルが部屋に飛び込んできた。ジャッカルがふり返り軽機銃を持った警備員を射殺した。ジャッカルが次の弾丸を込める間、軽機銃を奪ったルベルが、ジャッカルめがけて引き金を引いた。ジャッカルは壁にたたきつけられ息絶えた。外の広場では何事もなかったかのように式典が続けられていた。...

作品データ

原題 The Day of the Jackal
製作年 1973年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル=CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第46回 アカデミー賞(1974年)

ノミネート
編集賞 ラルフ・ケンプレン

第31回 ゴールデングローブ賞(1974年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 フレッド・ジンネマン
最優秀脚本賞 ケネス・ロス

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全5件)
  • ヌルヌルっと忍び寄る レビューをしようとして、その中の「印象」を選ぼうとして、はたと手が止まってしまいました・・・。うん、これ、どれにも当てはまらないかもです。 ジャッカルという暗殺者が忍び寄る、その忍び寄り方があん... ...続きを読む

    チャーリー チャーリーさん  2016年2月11日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • これが映画だ! 説明セリフがない。 映像で語る。 見直せば見直すほど物語が鮮明になり、キャラクターの深みがましてくる。 この映画にケチを付けるとしたら、リアリティがあるだけに、ご都合よく展開する所が気になってし... ...続きを読む

    じゅんぢ じゅんぢさん  2015年11月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 手に汗握るサスペンス映画の傑作 ドゴール大統領暗殺計画を犯人側から描き、まるで記録映画を見ているような錯覚に陥った。 フレッド・ジンネマン監督のクールで乾いたタッチに酔いしれる。 さすがは社会派監督の面目躍如ってところか。 人... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2015年6月5日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

ジャッカルの日[DVD] 湖畔のひと月[DVD] ある貴婦人の肖像[DVD] オリバー・ツイスト BBCリニューアル・バージョン チャールズ・ディケンズ原作[DVD]
ジャッカルの日[DVD] 湖畔のひと月[DVD] ある貴婦人の肖像[DVD] オリバー・ツイスト BBCリニューアル・バージョン チャールズ・ディケンズ原作[DVD]
発売日:2012年4月13日 最安価格: ¥927 発売日:2012年3月7日 最安価格: ¥1,238 発売日:2014年4月25日 最安価格: ¥2,873 発売日:2015年4月24日 最安価格: ¥2,268
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ジャッカルの日 ジャッカルの日
ジャッカルの日 ジャッカルの日
2014年1月2日 2016年9月2日
¥590 ¥500
ビデオパス ビデオマーケット
※au IDが必要 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ジャッカルの日」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi