ジャスティス(1979)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャスティス(1979)」
メニュー

ジャスティス(1979)

劇場公開日

解説

メリーランド州、ボルチモアを舞台に、町の法廷にのさばる司法制度の矛盾と裁判の不条理に挑む、理想主義者である若い弁護士の姿を描く。製作総指揮はジョー・ワイザン、製作はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、監督は製作も兼ねる「ローラーボール」のノーマン・ジュイソン、脚本はヴァレリー・カーティンとバリー・レヴィンソン、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジョン・F・バーネット、製作デザインはリチャード・マクドナルド衣裳はルース・マイヤーズが各々担当。出演はアル・パチーノ、ジャック・ウォーデン、ジョン・フォーサイス、リー・ストラスバーグ、ジェフリー・タンバー、クリスティン・ラーティ、サム・レヴィーン、ロバート・クリスチャン、トーマス・G・ウェイツなど。

ストーリー

ボルチモア裁判所の拘置所の暗がりの中に、若い弁護士アーサー・カークランド(アル・パチーノ)がうずくまっていた。弁護士の彼が拘置されているのは、裁判中にフレミング判事(ジョン・フォーサイス)を殴ったからだ。真夜中、拘置所を出た彼に早速仕事が依頼された。彼の妥協を許さぬ熱血漢ぶりは多くの人々に信頼されていた。今彼は2つの気にかかる事件を手がけていた。1つは、ジェフ(トーマス・G・ウェイツ)という若者が車の尾灯の故障というだけで逮捕された事件と、性倒錯の黒人ラルフ(ロバート・クリスチャン)が強盗の仲間として告訴されている事件だ。ジェフの一件で、法規だけをふりかざす権力主義者のフレミング判事と対立していたのだ。一方、黒人のラルフは普段女装している気弱者で、囚人になるなら死んだ方がよいとまで考えているため、アーサーは、彼を何とか保釈させようと思っていた。法を守る筈の裁判所は、しかし矛盾と不正に満ちており、アーサーの周りには自殺癖という奇妙なクセのあるレイフォード判事(ジャック・ウォーデン)などもおり、フレミング判事ともども法の執行者として問題のある人間が多かった。そんなある日、その憎むべきフレミング判事が強姦罪で告訴されるという事件が起き、事もあろうに、フレミングはアーサーに弁護を依頼してきた。彼の申し出をはじめは拒否したアーサーだったが、ジェフの保釈を条件に出され、仕方なしに引き受けることにする。その頃、弁護士の査問委員会に呼ばれたアーサーは、委員の1人で女性弁護士のゲイル(クリスティン・ラーティ)と知り合い、いつしか愛し合う仲になる。そんな頃、黒人青年ラルフが刑務所に送られ自殺し、ジェフが所内で人質を取りたてこもるという事件が起きた。かけつけたアーサーに、ジェフは自分は無実だと言い続け、しかも、看守たちがかわるがわる自分を犯し続け暴力をふるうので刑務所には一刻もいることはできない、と訴えた。ショッキングな事実を聞いてアーサーの怒りは爆発するが、ジェフは立ち上つた瞬間に、周囲を取りまいていた警察の弾丸に息絶えていった。そしてフレミング判事の裁判の日が来た。依頼人のジェフが生きているうちはこの悪徳判事の弁護にも意味があったが、倒錯した性感覚の持主である事実をつかんだ今は、フレミングの弁護をする意味は何もなかった。そして、アーサーは、フレミングを指さして叫んだ。“こいつは正義の皮をかぶったケダモノだ!こいつには弁護の余地はない”と。...

作品データ

原題 ...And Justice for all
製作年 1979年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ジャスティス(1979)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi