ジャズ・シンガー(1980)
ホーム > 作品情報 > 映画「ジャズ・シンガー(1980)」
メニュー

ジャズ・シンガー(1980)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

歌手の道を選び栄光をめざす若者の姿を通じて、屈折した肉親の愛情の行方を描く。製作はジェリー・レイダー、監督は「アシャンティ」のリチャード・フライシャー。サムソン・ラファエルソンの原案を基にしたスティーブン・H・フォアマンが脚色。脚本はハーバート・ベイカー、撮影はイシドア・マンコフスキー、場面音楽はレナード・ローゼンマン、オリジナル・ソング・スコアはニール・ダイアモンドが各々担当。出演はニール・ダイアモンド、ローレンス・オリビエ、ルーシー・アーナス、カトリン・アダムス、フランクリン・アジャイなど。

ストーリー

ジェス・ロビン(ニール・ダイアモンド)は、ショー・ビジネスの世界に生きようと曲を書き歌っていた。しかし、彼の本名はヤッセル・ラビノビッチといい、ユダヤ教先唱者カンター(ローレンス・オリビエ)の息子で、先唱助手を本職としている。ある日、カリフォルニアに旅立っている友達のババ(フランクリン・アジャイ)から電話があり、ロック界のスーパースター、キース・レノックスのために曲をアレンジしてくれないかと頼まれる。父の勤続4周年のパーティで、ロスに旅立つことを父に打ち明けるジェス。ロスで、彼は、レノックスの代理人モリー(ルーシー・アーナス)に迎えられる。しかし、彼がアレンジした曲を歌うレノックスに不満を感じたジェスは、自らがそれを歌い、それを聴いたレノックスがジェスとババたち兄弟をクビにした。一方、ジェスの才能を信じていたモリーは、ジェスのマネージャーをひきうけ、売り込みにかかる。その結果仕事が増えるジェス。しかし、家では彼の帰りを望んでおり、妻のリフカ(カトリン・アダムス)が説得にやってくる。そして、新しいジェスの生活についてゆけないと感じたリフカは、離婚を決意する。妻に去られるジェスは、モリーに愛を告白し、2人は恋に落ちていった。そんなジェスのもとに、激怒したカンターが現われ、彼を勘当し嵐のごとく去って行った。それ以後、仲間やモリーに怒鳴りちらすジェスは、モリーが妊娠したことも知らずに放浪の旅に出てしまった。それから1年後、ババから、自分の子供の存在を聞いたジェスはモリーの元に戻ってくるが、先唱者の役目を果たして欲しいという叔父の頼みを拒否した。しかし、「晴罪の日」、彼は姿を現わし、無事礼拝をすませた。カンターも、孫の存在を知ってから心をほぐし、ジェスのワンマン・ショーにも姿を見せるのだった。...

作品データ

原題 The Jazz Singer
製作年 1980年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第38回 ゴールデングローブ賞(1981年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ニール・ダイアモンド
最優秀助演女優賞 ルーシー・アーナズ
最優秀主題歌賞 “Love On the Rocks”

他のユーザーは「ジャズ・シンガー(1980)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi