死の接吻(1991)
ホーム > 作品情報 > 映画「死の接吻(1991)」
メニュー

死の接吻(1991)

劇場公開日

解説

大富豪の財産を乗っ取ろうと双子の姉妹に接近する青年を主人公としたサスペンス・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはエリック・フェルナー、製作はロバート・ローレンス、監督・脚本はアイラ・レヴィンの原作を基に「パスカリの島」のジェームズ・ディアダン、撮影はマイク・サウソン、音楽をハワード・ショアが担当。出演はマット・ディロン、ショーン・ヤング、マックス・フォン・シドーほか。

ストーリー

貧しく孤独な少年時代からのジョナサン・コーリス(マット・ディロン)の夢は大富豪カールソン一家の財産を奪うこと。今、その完璧な計画を実行に移す時がやってきた。大学在学中から交際、結婚を約束していたカールソン家の娘、ドロシー(ショーン・ヤング)を殺害、自殺に偽装し、自分も自殺したように見せかけて前歴を葬り去った。そして今度はニューヨークに飛び、ドロシーの双子の姉エレン(ショーン・ヤング)に接近していく。言葉巧みにエレンの心をつかんだジョナサンはついにカールソン家に入り込み、エレンの父、ソール(マックス・フォン・シドー)の信頼さえ得てゆく。ジョナサンは計画の実現を確信するが、その頃、かねてより妹の死に疑惑を抱いて独自に調査を進めていたエレンはついに大学時代ドロシーと交際していた男のことを知るが、すんでのところで証拠を握る人物はジョナサンに殺害された。もちろんまだエレンはその男が自分の夫となるはずの男であろうとは気づかなかった。しかしドロシーの友人であったパトリシアがバラバラ死体で発見されるに及んで、エレンはそこに何らかの関連をかぎとる。エレンが真相に近付いていることに気づいたジョナサンが不審な行動を取るのに疑惑を深め、彼女は大学の卒業アルバムでジョナサンこそドロシーの恋人であったことを知ってしまう。しかし、その時彼女の背後にはジョナサンの魔手が迫っていた。エレンを追ってきた彼は、hしかしそこに来た列車に轢かれて死を遂げるのだった。...

作品データ

原題 A Kiss before Dying
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル映画=UIP
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「死の接吻(1991)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi