視線のエロス
ホーム > 作品情報 > 映画「視線のエロス」
メニュー

視線のエロス

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ひとりの若い女と妻ある男の不実な愛を、全編男の視線の主観ショットで描き出した異色ドラマ。監督・主演は本作が日本初紹介となるフィリップ・アレル。脚本はアレルとエリック・アスー。製作総指揮はミシェル・グイロックス。撮影はギリス・アンリ。共演は「プロヴァンスの恋」「ボーマルシェ フィガロの誕生」のイザベル・カレー(セザール賞ノミネート)。第50回カンヌ国際映画祭コンペ部門出品作品。

ストーリー

パリ。雨の夜のパーティで、39歳のフランソワ(フィリップ・アレル)と22歳のミュリエル(イザベル・カレー)は出会った。「君の裸が見たい」という、年上であるフランソワの強引なアプローチにやがて体を許すミュリエル。だが、彼は妻ある身で、彼女は独身。ミュリエルの体に巣食う女の本能がフランソワを妻から奪いたいという欲望を芽生えさせる。不実な密会が続くうち、ふたりはさらに深く、抜き差しならない関係に溺れていくのだった。...

作品データ

原題 La femme defendue
製作年 1997年
製作国 フランス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 102分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

出品
コンペティション部門
出品作品 フィリップ・アレル
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi