ジェット機M7号
ホーム > 作品情報 > 映画「ジェット機M7号」
メニュー

ジェット機M7号

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「四重奏」のアントニー・ダーンボロウが製作し、「激情」のアンソニー・アスキスが監督した航空映画一九五三年作品。脚本は「文化果つるところ」のウィリアム・E・C・フェアチャイルドのオリジナル。撮影は「ハムレット(1947)」のデスモンド・ディキンソン、作曲は「極楽ホテル」のベンジャミン・フランケル、演奏指揮は「オリヴァ・ツイスト」のミュア・マシースンが担当。主演は「激情」のフィリス・カルヴァート、「舞姫夫人」のジェームズ・ドナルド、「艦長ホレーショ」のロバート・ビーティ、「絶壁の彼方に」のハーバート・ロムで、ミュリエル・パヴロウ(「間諜M1号」)、ウォルター・フィッツジェラルド(「宝島」)、モーリス・デナム(「青い珊瑚礁」)らが助演する。

ストーリー

英国空軍基地ポート・アンバリイの秘密研究室では最新説機M7号の完成が急がれていた。その発明者ヒースレイ(ジェームズ・ドナルド)は、機密保持のため愛妻リディア(フィリス・カルヴァート)さえも遠ざけており、研究員の一人アレックス(ハーバート・ロム)は、淋しい気持を抱くリディアに同情と秘かな愛情をよせていた。研究に夢中のヒースレイは所長の反対をおしきって危険な試験飛行を行わせ、そのため指揮官が惨事で一命を失った。所長はヒースレイに試験飛行を禁止した。その頃ヒースレイはリディアとアレックスのスキャンダルを耳にしたが、アレックスの口からリディアが誠実な妻であることを確めた。一方、研究室付の医師ボードはM7号の国外拉致を企んでいた。彼は某国スパイの手先で、先の試験飛行の失敗も実は彼の仕業だった。ボードは高空の人体に及ぼす影響を調べるという医学上の理由で、ヒースレイに試験飛行に同案させてくれと要求した。ボードの執拗な要求を容れたヒースレイは彼を同乗させて試験飛行を敢行した。機が成層圏に達するや、ボードは拳銃をヒースレイにつきつけ、M7号を他国へ誘導しようと図った。ヒースレイはこの脅迫に敢然と対抗し、二人の言い争う声は電波に乗って基地に伝わっていた。所長はじめ全員はヒースレイ救助に万全を期した。M7号内は徐々に空気が稀薄となり、二人とも呼吸困難になった。その時ヒースレイは妻の励ます声を聞いて意識をとりもどし、ボードは落した拳銃を拾おうとして酸素吸入管が切れ、絶命した。ヒースレイはM7号の性能を再確認するとともに、成層圏飛行の最高記録を樹立した。基地でM7号の帰還を待ちわびるリディアの顔には喜色があふれていた。...

作品データ

原題 The Net
製作年 1953年
製作国 イギリス
配給 BCFC=NCC

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi