シークレット・ウェディング 待ちすぎた恋人たち
ホーム > 作品情報 > 映画「シークレット・ウェディング 待ちすぎた恋人たち」
メニュー

シークレット・ウェディング 待ちすぎた恋人たち

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アルゼンチン軍政時代に死んだと思われていた男と、彼を十三年間待ち続けた恋人との悲劇的な愛を描いた作品。監督・脚本は「フィガロ・ストーリー」のアレハンドロ・アグレスティ。エグゼクティヴ・プロデューサーはファン・コリーニ、「プロスペローの本」のキース・カサンダー、同作のデニス・ウィグマン、アンドレ・ベネット、ブリゲッテ・ヤング。撮影はリカルド・ロドリゲス。音楽はパウル・M・ファン・ブルッゲが担当。

ストーリー

アルゼンチン、ブエノスアイレスの路上を全裸の男が走っている。警官に捕られられた男は記憶を失っていた。取り調べを受けるうちに、彼は十三年前、軍政時代に死んだはずの組合活動家フェルミン・ガルシア(ティトー・アース)だと判明する。釈放されたフェルミンは少しずつ記憶を取り戻し始め、十三年前に結婚の約束を交わした恋人トタ(ミルタ・ブスネッリ)のことを思い出す。彼女に会うためアルゼンチン北部の町に向かったフェルミンは、バスの運転手からトタと思われる女性がバスターミナルに新聞スタンドを開いて“彼”を待ち続けていることを聞かされる。町に着くとフェルミンは、トタの店を尋ねるが、トタは彼が誰だか分からない。フェルミンは町に留まるため、アルベルト・ガルシアという偽名で田舎料理店でのピアノ弾きの職を得た。一見穏やかに見えるこの町は、神父(ナターン・ピンソン)ら封建的な権力者によって支配されていた。店の客であるレアンドロ(エリオ・マルキ)とマルセロは同性愛者で、神父たちに兄弟と名乗ることを強要され、教師の職も奪われ、町社会から隔離されていた。フェルミンは名乗らないままアルベルトとしてトタに近づき、トタはフェルミンその人と気づかぬまま、彼女を温かく見守るアルベルトに心惹かれていった。ところが神父がフェルミンの過去を知ってしまい、神父に脅かされたフェルミンは彼を殺してしまう。自分の身代りに友達のピピ(セルヒオ・ポペス・カムポス)が逮捕されたのを見たフェルミンは、犯行を認めた書き置きを残し、トタの家に向かう。二人は秘密の結婚式を挙げるため、町を抜け出すが、途中でフェルミンは警察に逮捕されて、車で連れ去られる。その車を追いかけるトタ。その光景は十三年前のあの日とまったく同じであった。...

作品データ

原題 Boda Secreta
製作年 1989年
製作国 アルゼンチン・オランダ・カナダ合作
配給 シネセゾン

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi