三文オペラ(1931)
ホーム > 作品情報 > 映画「三文オペラ(1931)」
メニュー

三文オペラ(1931)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

イギリスの劇作家ジョン・ゲイの手になった舞台劇をドイツ人エリザベス・ハウプトマンが独白し、ベルト・ブレヒトによって台本が書き下ろされ、ドイツの若き作曲家クルト・ヴァイルの作曲によって三幕八場の音楽劇に完成された有名な『三文オペラ』を「西部戦線一九一八年」「パンドラの箱」のG・W・パブストが監督製作した映画で、撮影は、「ウォタルー街」「スピオーネ」のフリッツ・アルノ・ワグナー。主な出演者はルドルフ・フォルスター、カローラ・ネイベル、「拳闘王」を監督したラインホルト・シュンツェル、「カラマゾフの兄弟」「倫落の女の日記」のフリッツ・ラスプ。ヴァレスカ・ゲルト、ロッテ・レーニヤなどである。

ストーリー

これは今よりも百年以上も前の昔話、イギリスの都ロンドンで有名な貧民街、ソーホー街を舞台としたオペラであります。いろいろとよからぬことを働くギャングの親分メッキイ・メッサーは、この巷の人気者で今も町の歌い手がそれを歌にして歌っています。馴染みの女給ジェニーの元から帰る道でメッキイは、ふとある母娘連れに目を吸い付けられ、これを烏賊屋ホテルの舞踏会に誘います。娘はメッキイの一味と常に勢力争いをやっている乞食の親分ピーチャムの一人娘でポリイというのですが、メッキイががむしゃらに惚れ込み、否応なしに結婚しようとします。ソーホー街に照る月の下で二人は甘い恋の歌を歌い、やがて何カ所かの倉庫の中でいとも盛大な結婚式が行われます。この式場でポリイの歌う歌が有名な「バルバラ・ソング」であります。ポリイが相手もあろうに多年の仇敵メッキイと結婚したと聞いてピーチャム夫婦の憤慨は一通りでありません。どうにかしてメッキイの居所を突き止めて、警察に捕縛させようと企てます。ところが警察の方では、イギリスの大きなお祭り、聖十字架祭の日が迫ってくるのでその準備に忙しくて他のことは構っていられません。しかし段々にメッキイにも手が廻ってくるのでそれと察したポリイがメッキイを逃がしてやり、その間にこの一味を正道にたちかえらせんものと心を砕き、今まで稼ぎ貯めてある財産で市の大きな銀行を買収しそこで堂々と業務を始めることになります。一方メッキイは根が大胆不敵な男だけに、お別れにソーホー街のお馴染みのバーにやってきます。情婦のジェニイはメッキイがポリイと結婚したことを知ってこれを遺恨に思い、ピーチャムの女房としめしあわせて警察の手入れを助けます。けれど手が入った瞬間ジェニイはメッキイに済まないと思い返し、かえってメッキイをバーから逃がしてやります。折角逃げたメッキイもまた街角で馴染みの女に会い、つい引き止められて今度はとうとう逮捕されてしまいます。メッキイが逮捕されたことを知らず、バーから逃げたとばかり思い込んでいるピーチャムは警察が不甲斐ないと勘違いして大いに怒り、この上は聖十字架祭の行列の妨害をしてソーホー街取締の署長ブラウンに恥をかかせてやろうと決心します。そこでこじきの総力が一斉に動員されます。ポリイの銀行ではメッキイが逮捕されたことを聞くと一万ポンドの保釈金を納めて引き取ろうとしますが、それと行き違いに情婦ジェニイが手練手管で看守スミスを操り巧みにメッキイを逃がしてやります。折角、保釈金を受け取ったブラウン署長も肝心の本人が逃げたと聞いてがっかりします。ピーチャムも今はメッキイが逮捕されたことも知り且つポリイが大銀行を持った事情も知って自分の勘違いを悟り乞食隊の繰り出しをやめさせようとしますが乞食隊の方は騎虎の勢でもうどうにもやめようがありません。聖十字架祭は一時大変乱されることになります。そのおかげでブラウン署長も責任を感じて辞職し、昔馴染みであったメッキイの許に泣く泣くやってきます。そこへピーチャムも己が非を覚って握手をしに現れ一同打ち揃って「大砲の歌」を歌ったりなんかして、めでたしめでたしの幕になります。...

作品データ

原題 Die Dreigroschenoper Beggar's Opera
製作年 1931年
製作国 ドイツ

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「三文オペラ(1931)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi