サンベリーナ おやゆび姫
ホーム > 作品情報 > 映画「サンベリーナ おやゆび姫」
メニュー

サンベリーナ おやゆび姫

解説

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの古典的童話『親指姫』を長編アニメーション化した、ファンタスティックなラブストーリー。監督・製作・脚本の3役をこなしたのは、ウォルト・ディズニー・プロ出身のアニメーターで、「アメリカ物語」「謎の恐竜大陸」などの意欲作を発表しているドン・ブルース。彼の指揮の下、総勢500人ものアニメーターが参加、オーソドックスなアニメ技法と、CGを駆使した最新技術の融合が見どころ。共同監督・製作のゲイリー・ゴールドマン、共同製作のジョン・ポメロイはディズニー時代以来、ブルースと名トリオを組んでいる。音楽は「ベイビー・トーク」「トレマーズ」のウィリアム・ロスと、世界的な大ヒット曲『コパカバーナ』などで知られるアーティストのバリー・マニロウ。マニロウは全8曲の挿入歌の作曲と歌も手掛け、そのミュージカル場面の楽しさも見逃せない。声の出演は「リトル・マーメイド」の女優ジョディ・ベンソン、「エレファント・マン」の個性派俳優ジョン・ハート、「ハロー・ドーリー!」「モダンミリー」の名女優キャロル・チャニング、「アラジン」のギルバート・ゴッドフリード、スペイン音楽の第一人者チャロほか。

ストーリー

家族のいないひとりの女性(声=バーバラ・クック)が、魔女から大粒の種を授かり、彼女はそれを献身的に育てた。やがて大きな蕾が花を咲かせると、花弁の中から親指ほどの大きさの美しい少女が生まれた。歳の頃は16・17歳に達する美しい娘はサンベリーナ(声=ジョディ・ベンソン)と名付けられ、街の人気者となる。だが、サンベリーナは自分だけが小さなサイズであることに孤独と疎外感を感じ、絵本で見た妖精の男の子との恋に思いをはせ、美しい声で愛の歌を歌う。その思いが届いたのか、ある夜、妖精の谷の王子コーネリアス(声=ゲイリー・イムホフ)が彼女の窓辺を訪れる。2人はたちまち恋に落ち、蜜蜂の背中に乗って月夜の森の中を駆け巡った。コーネリアスは両親である国王と王女に結婚の許しを乞うために、サンベリーナと別れる。ところが、ヒキガエルのミス・ドロレストウド(声=チャロ)とその息子グランデルは彼女をさらい、一家で結成している「ザ・シンガース・デ・エスパーニャ」のボーカルに据える。一方、両親の許しを得て戻ったコーネリアスは、消えたサンベリーナの姿を捜す旅に出る。サンベリーナは森の昆虫やツバメのジャキーモ(声=ジーノ・コンフォルティ)の助けを借りて逃げ出すが、今度はコガネ虫のバークレイ・ビートル(声=ギルバート・ゴッドフリード)に捕らえ、苦難の末に野ネズミのミス・フィールドマウス(声=キャロル・チャニング)に助けられる。彼女はそこで王子が氷点下の池に落ち、凍りついた死んだと聞かされる。フィールドマウスは彼女に、隣に住むモグラの大富豪ミスター・モウル(声=ジョン・ハート)との結婚を勧める。王子の死に絶望するサンベリーナ。だが、結婚式の当日、彼がくれた指輪を見たサンベリーナは、「自分の心に忠実になれば夢はかなう」と言ったジャキーモの言葉を思い出し、妖精の谷へ向かう。すっかり冬が訪れたその土地は、彼女が歌い出すと春の景色へと変わっていった。そして元気な王子の姿も。神様は彼女の背中にコーネリアスと同じ羽根を与え、皆に祝福されながら2人は結婚式を挙げた。...

作品データ

原題 Don Bruth's Thumbelina
製作年 1994年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • 最高 歌が最高にいい ...続きを読む

    ぴー ぴーさん  2015年7月20日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「サンベリーナ おやゆび姫」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi