サンドロット 僕らがいた夏
ホーム > 作品情報 > 映画「サンドロット 僕らがいた夏」
メニュー

サンドロット 僕らがいた夏

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大リーグ全盛の1962年の夏を舞台に、野球に熱中する少年たちの友情を、ユーモアとノスタルジー豊かにつづった一編。監督・脚本は「ラジオ・フライヤー」で脚本を手がけ、これが監督デビュー作となるデイヴィッド・ミッキー・エヴァンス。製作は「ラジオ・フライヤー」でエヴァンスと共同製作を務めたデイル・デ・ラ・トーレと、ウィリアム・S・ギルモア。共同脚本はロバート・ガンター、撮影はアンソニー・B・リッチモンド、音楽はデイヴィッド・ニューマン、編集はマイケル・A・スティーヴンソン、衣装はグラニア・プレストンがそれぞれ担当。主演は、舞台やTVで活躍するトム・グアリー、CMやTVで活躍するほか、リトルリーグの選手でもあるマイク・ヴィターら、オーディションで選ばれた少年たち。「ローデッド・ウェポン1」のデニス・レアリー、「マルコムX」のカレン・アレン、「ジャック・サマースビー」のジェームズ・アール・ジョーンズらが脇を固めている。

ストーリー

62年の夏。ある町に引っ越して来た少年スコッティ(トム・グアリー)は、野球を全く知らないために、新しい友達がなかなかできない。母(カレン・アレン)はスコッティに「友達を作りなさい」と優しく言い聞かせ、彼は一大決心をして原っぱのグラウンドにある野球チームに潜り込むが、あまりの下手さに皆の笑い者となる。翌日、すっかり意気消沈したスコッティを、ベニー(マイク・ヴィター)が野球に誘い出した。彼はチーム一番の名手で、皆から尊敬されていた。ベニーの教え方はうまく、スコッティも自信を持つようになる。おかげで彼の腕はぐんぐん上達し、やがてチームの一員として迎えられた。そんなある日、ベニーが打ったボールが破裂してしまい、スコッティは得意気に家から代わりのボールを持ってくる。それは、彼の義父ビル(デニス・レアリー)が家宝として大切にしているベーブ・ルースのサインボールだった。こともあろうに、そのボールが場外ホームランとなって、ミスター・マートル(ジェームズ・アール・ジョーンズ)の家の中に飛び込んでしまう。その家は大きな怪物か住んでいるとの噂が立ち、子供たちから恐れられていた。怪物の正体は巨大な犬だった。少年たちは知恵と勇気を奮い、何度もボールを取り返そうと試みるが失敗してしまう。その夜、ベニーの夢にベーブ・ルースが現われて勇気づける。翌日、ベニーは単独で塀の中に乗り込み、見事ボールを取り返した。それは町の伝説となり、少年たちにとって忘れられない夏となった。...

作品データ

原題 The Sandlot
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 ヒューマックス=ギャガ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「サンドロット 僕らがいた夏」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi