サンドラ・ブロックの恋する泥棒
ホーム > 作品情報 > 映画「サンドラ・ブロックの恋する泥棒」
メニュー

サンドラ・ブロックの恋する泥棒

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

高級リゾート地を舞台に、美術品専門の泥棒カップルが巻き起こす騒動を描いた、犯罪コメディ風のキュートなラヴ・ストーリー。作家、舞台俳優、コメディアンとしても知られる俳優のデニス・レアリーが原案・出演を務め、監督にはオーストラリア出身の新鋭ビル・ベネットが抜擢された。製作は「悪魔のような女」のジェームズ・G・ロビンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーはゲイリー・バーバーとビル・トッドマン・ジュニア。撮影はアンドリュー・レスニー、音楽はニック・グレニー=スミスと、パディ・モロニーの共同。美術はデイヴィッド・チャップマン、編集はブルース・グリーン。主演は「ザ・インターネット」「あなたが寝てる間に…」のサンドラ・ブロックと、「デモリションマン」でも彼女と共演したデニス・レアリー。共演は「ミッドナイト・ラン」のヤフェット・コットーほか。

ストーリー

ロズ(サンドラ・ブロック)は恋人のフランク(デニス・レアリー)と組んである屋敷から1枚の画を盗み出した。2人は警察の追撃をかわしながら、ニューイングランドの小島にある高級リゾート地へ。フランクとロズの盗んだ画は、実は400万ドルの値がついたマティスの名画だった。伝説の怪盗フィル・ザ・シルの逮捕に執念を燃やすFBI捜査官オマーリ(ヤフェット・コットー)は、これをフィルの犯行と思い込み、2人を追う。さて、留守中のサマーハウスをちゃっかり借用し、フランクは上機嫌。だが、ロズの方は気が乗らない。彼にきちんとした仕事に就いてもらい、幸せな結婚をしたいと願っている。付き合い始めて7年にもなるのに、フランクは将来のことを真剣に話そうとしても茶化すだけ。おもいきりおしゃれしてパーティーに出掛けても下品な会話しかできない彼のせいで、ロマンティックな夜はぶち壊しで、彼女のイライラは募るばかり。そんなロズに優しく声をかけてきたのは、隣のサマーハウスに滞在している青年実業家エヴァン(ステファン・ディラーヌ)だった。知的でスマートな彼に、ロズは次第にひかれていく。フランクは仲間のビーノ(ウェイン・ロブソン)に連絡、バイヤーに盗んだ名画を渡す手筈をつけた。ビーノは絵がマティスと知って仲間とやって来て、オマーリは彼らをつける。フランクは偶然エヴァンが名画コレクターと知って不審がる。約束の日。買い手の指定したボロ倉庫でフランクとロズはビーノと鉢合わせ。突然そこに催涙弾が……名画は現れたガスマスクの男が持ち去った。オマーリに御用となったフランクはエヴァンこそ真犯人だと主張。オマーリとエヴァン邸へ向かい、みごと彼が隠した名画を発見した。エヴァンこそ怪盗フィルだったのだ。釈放されたフランクはロズに今度こそ新生活を約束した。...

作品データ

原題 Stolen Hearts/Two If By Sea
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「サンドラ・ブロックの恋する泥棒」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi