サルサ!
ホーム > 作品情報 > 映画「サルサ!」
メニュー

サルサ!

劇場公開日

解説

心底からキューバ音楽に惚れた、フランス人青年の情熱的なラヴストーリー。監督はジョイス・シャルマン・ブニュエル。脚本はジョイス・シャルマン・ブニュエル、ジャン=クロード・カリエール。撮影はハヴィエル・アグィレサローベ。音楽はシエラ・マエストラ、ジャン・マリ・セニア。出演は新鋭ヴァンサン・ルクール、クリスティアンヌ・グゥほか。

ストーリー

音楽院を首席で卒業、将来を嘱望されたレミ(ヴァンサン・ルクール)はコンクール本番中にキューバ音楽を演奏、自らクラシックの道を絶つ。キューバ人の友人から訛りを教わり、肌も褐色に塗った彼は往年のキューバ人作曲家の店に居候。閉鎖寸前の店を改装してサルサダンスを教える。そこへやってきたのが箱入り娘のナタリー(クリスティアンヌ・グゥ)。祖母の強い勧めでレッスンに来た彼女はレミの手ほどきでダンスの才能が開花。結婚を控えていたもののレミと急速に親しくなる。そんな中彼の教室に警察が押し寄せ、キューバ人バンドとともにレミも連行。作曲家の机の引出しから若き日の祖母の写真や手紙を見つけたナタリーは、自分がベレートの孫であると祖母から告げられる。革命で離ればなれになった恋人同士が数十年ぶりに再会する。ナタリーはフィアンセに婚約解消を申し出る。するとフィアンセからはフランス人であるレミの身分証明書を突きつけられる。教室に警察を呼んだのはフィアンセの仕業だったのだ。ナタリーはレミに騙された怒りをダンスコンテストにぶつける。決勝戦を前にレミからキューバへ行くことを告げられた彼女は本番中会場を飛び出す。キューバ。演奏中のレミの眼前に現れたナタリーはキューバの人々の歓喜に囲まれて熱い口づけを交わすのだった。...

作品データ

原題 Salsa!
製作年 1999年
製作国 フランス・スペイン合作
配給 コムストック=キネティック
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.5 4.5 (全1件)
  • サルサ大好きになりますよ! ネタバレ! フランス語の勉強がしたくて選んだけど、サルサ音楽の楽しさにはまりました!金管楽器のイメージが強いサルサだけど、ピアノもいいなあ。 生粋のフランス人男子をキューバ人とだまされたままで恋愛するかとか... ...続きを読む

    akazaru akazaruさん  2015年2月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「サルサ!」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi