サラ・ムーンのミシシッピー・ワン
ホーム > 作品情報 > 映画「サラ・ムーンのミシシッピー・ワン」
メニュー

サラ・ムーンのミシシッピー・ワン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大人びた少女と、彼女を誘拐した男との不思議な交流を描いた映像詩。監督は写真家として著名なサラ・ムーンで、彼女の映画第1作に当たる。製作はフィリップ・デュサール、脚本はベンタ・ジョルダンとサラ・ムーン、撮影はエティエンヌ・ベッケル、音楽はヴィヴァルディを使用、オリジナルを主演のデイヴィッド・ロウが書いた。モノクロ・フィルムにセピア・トーンで着色。

ストーリー

夏の終わりのパリ。アレクサンドラ・ウルフ(アレクサンドラ・カピュアノ)はちょっと大人びた女の子。コマーシャルのモデルをしながら、歌手の母(イザベル・モリー)と2人で暮らしている。精神病の病歴がある男(デイヴィッド・ロウ)が学校帰りのアレクサンドラを車に連れ込み、誘拐してしまう。男の車は北へ向かう。パスポートの名前をみると、どうやら男はアレクサンドラの父親らしい。だが、彼女はそのことを知らない。父は死んだことになっている。翌朝、男はアレクサンドラの髪を切り、黒に染めてしまう。そして、逃亡計画を練る。寂しい2人だけの逃避行だったが、やがて2人の心は通じ合うようになる。そんなある日、アレクサンドラは男が大人の女と寄り添っているのを見てしまう。激しく嫉妬するアレクサンドラ。だが、それも一時のこと、2人の仲は元に戻る。時は過ぎ、男は彼女を母の元へ帰すことを決意する。しかし、彼女は帰るのを拒み、彼のところへ戻ってきてしまう。ある日、車が町で故障、その上誰かに破壊されてしまう。2人は安宿に籠るが、退屈なアレクサンドラは町に繰り出す。男は、壊れた車に乗り込むと、ピストルで自殺するのだった。...

作品データ

原題 Mississipi One
製作年 1991年
製作国 フランス
配給 アビブ=デラ・コーポレーション

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「サラ・ムーンのミシシッピー・ワン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi