さよなら子供たちのレビュー・感想・評価

さよなら子供たち

劇場公開日 1988年12月17日
2件を表示 映画レビューを書く

いろんな事を考えさせられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ある程度予習して観ました。
まずは子供をナチから匿うために親に寄宿学校へ入れさせられるユダヤ人の男の子と、何をしてもイマイチの主人公。
だが主人公の男の子は顔はフランス人の可愛らしい男の子はの
風貌。ユダヤの男の子は何をさせても卒なくというより、賢くこなせる姿に主人公は嫉妬して、彼のロッカーを勝手に見てしまう。
すると数学の教科書に彼の本名が書いてある。
そこで、彼がユダヤ人だと気付く。
ユダヤ人迫害がフランスの寄宿学校までも及んでいたとは、私は知りませんでした。なので驚きを隠せず見入ってしまった。
最後の授業へドイツ軍が乗り込んできて、ユダヤ人の彼の名前を呼んだ時に主人公は咄嗟に彼の方を見てしまい、ユダヤ兵士に彼がユダヤ人だとバレてしまう。そりゃ一生その出来事は忘れられないでしょうよと思った。
この映画を見て男の子を育てる元気、ないなーと思ってしまった。
休み時間は動き回ってるし、いたずらも頻繁。
元気もソコソコが良いと思ってしまった…

みきねこ
みきねこさん / 2015年10月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

変化は突然やってきた

総合:70点
ストーリー: 65
キャスト: 65
演出: 70
ビジュアル: 75
音楽: 25

 淡々と寄宿学校での日常を描き続けられるが、とにかく話が前に進まない。演出には純文学的な瑞々しさはあるものの、授業や遊びといった普段の生活の風景が延々と登場したところでそれがどうしたというのか。全体としてはかなり退屈した。
 そして戦争状態とはいえど比較的平和だった田舎の学校に突然にやってくる激動。前振りはあったとはいえそれまで静であったのに、いきなりの展開であったからこそ衝撃だった。何もかもが変わってしまって、まさに主人公には一生忘れることが出来ないものになった。最初から感じていた退屈さを最後の20分で一気に吹き飛ばして、総合としてはそれなりの点数。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi