さよならS
ホーム > 作品情報 > 映画「さよならS」
メニュー

さよならS

劇場公開日

解説

平凡な日常生活から逃げ出した少年が身を投じた盗みと暴力の世界。監督・脚本・美術は「天使が見た夢」のエリック・ゾンカ。撮影はピエール・ミロンとキャスリン・プヨル。出演は「トト・ザ・ヒーロー」のニコラ・デュヴォシェル、ヤン・トレグエほか。

ストーリー

オルレアンのパン屋で働くエス(ニコラ・デュヴォシェル)は店長に遅刻を咎められ、店を辞めてしまう。堅気に働くことに何の不満のないガールフレンドの助言に耳を貸さないどころか、もらったばかりの彼女の給料を持ち出してマルセイユへ向かい、ギャングの一味として新しい生活を始める。金持ちの家から金品を持ち出してはボクシングの練習に打ちこむ日々。新入りが必ずやらされるおばあさんの世話から始まり、娼婦のボディガードと順調に仕事を任されていく。ある日、年の近い仲間とボクシングの試合をすることになった。相手は試合直前にケガをして、エスが病院まで付き添っていた。エスは相手のケガした個所にパンチを浴びせて勝利を収める。やがて彼は上役の運転手を務めることになった。が、一室で上役のイチモツを口に入れられ、涙にむせるエス。そんな折、一味で空き巣に入った家に警察がやってきて、逃げるどさくさに紛れて上役の弟を窓から突き落としてしまう。仲間から追われるはめになり、町をさすらうエスはかつて世話をしたおばあさんを目撃。彼女がお金をおろす光景を見たエスは人影で彼女を襲う。だが激しい抵抗に合い、何も奪えずじまい。フラフラのエスは一味に逆襲され、首を切られて道端に倒れてしまう。その後パン工場にキビキビと立ち働くエスの姿があった。オルレアンの彼女宛てに、彼はもらったばかりの給料を封筒に入れている。...

作品データ

原題 Le petit voleur
製作年 1999年
製作国 フランス
配給 クレストインターナショナル
上映時間 63分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 普通に常識ある生活 人生が正しいのか? 真面目に仕事しそれなりの人生を過ごすより悪に手を染め一か八かの逆転人生も向き不向きがあって。 ラストの元の人生 生活をやり直す少年は負け犬で社会の敗北者なのか? それとも更正して良い事なのか? ... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年5月7日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「さよならS」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi