ザ・デッド <ダブリン市民>より(1987)
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・デッド <ダブリン市民>より(1987)」
メニュー

ザ・デッド <ダブリン市民>より(1987)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中年の大学教授が見た一夜の出来事を描く。ジェームズ・ジョイスの短編集「ダブリン市民」のうち「死せる人々」のほぼ完全な映画化。監督は「女と男の名誉」のジョン・ヒューストンで、本作品が遺作となった。製作総指揮はウィリアム・J・キグレイ、製作は「火山のもとで」のウィーランド・シュルツ・カイルと「パリ、テキサス」のクリス・シェヴァーニー、脚本は監督の息子のトニー・ヒューストン、撮影は「バウンティフルへの旅」のフレッド・マーフィー、音楽は「女と男の名誉」のアレックス・ノースが担当。出演は「女と男の名誉」のアンジェリカ・ヒューストン、「愛と哀しみの果て」のドナルド・マッキャン、レイチェル・ドウリング、キャスリーン・ディレイニーほか。

ストーリー

1904年雪降るクリスマスを迎えたダブリンの街。大学教授のガブリエル(ドナルド・マッキャン)と妻のグレタ(アンジェリカ・ヒューストン)はジュリア(キャスリーン・ディレイニー)とケイト(へレナ・キャロル)というモーガン叔母姉妹が毎年主催している舞踏会に遅れてやってきた。大勢の男女が集まり、談笑とダンスの活気で、暖かくなごやかな雰囲気につつまれていた。幸福感に満たされたまま宴は終わったが、帰り際に「オーリムの乙女」という歌を聴いた時から、グレタの様子が日頃とは別人のようにおかしくなる。ホテルに戻ったガブリエルは、グレタから彼女がまだゴールウェイの田舎に住んでいた娘時代に出会った恋人と、その死についての悲しい思い出話を聞かされた。ガブリエルは、今夜起こった様々な光景を思い出し、生きとし生けるものが遅かれ早かれ移り住むおびただしい死者の群れの世界を想った。窓の外に降りしきる雨は、今夜はアイルランド全土を優しくつつみこむかのようであった。...

作品データ

原題 The Dead
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画/ヘラルド・エース

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ザ・デッド <ダブリン市民>より(1987)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi