ザ・ゲート
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・ゲート」
メニュー

ザ・ゲート

解説

大地の裂け目から現われた悪魔と戦う少年たちの姿を描く。製作はジョン・ケメニー、監督・原案はティボー・タカクス、脚本はマイケル・ナンキン、撮影はトーマス・ヴァモスが担当。出演はスティーブン・ドーフ、ルイス・トゥリップほか。

ストーリー

ある日裏庭にある引き抜かれたばかりの木の根元から水晶型の球石を掘り出したグレン(スティーブン・ドーフ)と友人のテリー(ルイス・トゥリップ)は、両親の留守中にその石を割ってみるとスケッチボードに不思議な文字と絵が浮かび出る。その夜テリーは、亡くなった母の幻覚を見るが彼が抱きしめたのは母ではなくグレンの愛犬の死骸だった。次の日テリーは、彼の持っている悪魔の本の中にスケッチボードに浮き出たのと同じ文字と絵を見つける。そして庭にある穴が悪魔がこの世に出てくるためのゲートであることを知るのだった。以後彼らとグレンの姉アル(クリスタ・デントン)ら五人の少年たちはさまざまな形で悪魔に翻弄される。やがてテリーもアルもいけにえとして連れ去られ、一人残されたグレンは、彼の前に姿を現わしたとてつもない大きなデーモンの正体を見るのだった……。...

作品データ

原題 The Gate
製作年 1987年
製作国 カナダ・アメリカ合作

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi