ザ・クレイズ 冷血の絆
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・クレイズ 冷血の絆」
メニュー

ザ・クレイズ 冷血の絆

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

暗黒街の世界に生きる双子の兄弟の姿を描クブリティッシュ・ノワール。スタイリッシュなヨーロピアンスタイルの物語に、アメリカ映画のアクションセンスを加えた、新しい手法のドラマである。主演の双子の兄弟を演じるのは、人気ロック・グループ“スパンダー・バレエ”のゲイリー&マーティン・ケンプ兄弟。実際には双子ではないが、息の合ったコンビぶりで好評を得た。共演は、「フレンジー」のビリー・ホワイトロー、「あなたがいたら 少女リンダ」のトム・ベル、「遠い夜明け」のケイト・ハーディーほか。監督は「チェンジリング」のピーター・メダック、脚本は小説家としても知られるフィリップ・リドレイ、撮影は「エクスカリバー」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「クリフハンガー」などの売れっ子アレックス・トムソンが担当している。

ストーリー

1934年、イースト・エンドで生まれた双子の兄弟は母バイオレット(ビリー・ホワイトロー)から、戦いに勝つことを厳しく教え込まれた。成長したロニー(ゲイリー・ケンプ)とレジ(マーティン・ケンプ)は、やがて徴兵で入隊するが、上官の命令に従わないばかりか殴り倒してしまい、営倉に入れられる。ふたりはそこで犯罪者と出会い、暴力で世界を切り開いていける暗黒街の存在を知った。営倉を出たふたりは、またたく間に暗黒街でのし上がっていく。レジは初恋の相手フランシス(ケイト・ハーディー)と結婚、ロニーは同性愛に走り、暴力を心から楽しむようになっていった。しかし、そんな夫一家の雰囲気に馴染めないフランシスは自殺を図り、レジは深く傷ついた。組織も衰退化し、裏切り者も現れる。ロニーはレジを奮い立たせ、兄弟は再び抗争の世界へと突入していく。やがて警察に逮捕され、精神病院に送られたロニーと、刑務所で独房に監禁されたレジは、13年後、母バイオレットの葬儀で再会する。その時、ふたりの手には重い手錠がかけられたままだった。...

作品データ

原題 The Krays: Bonded by Blood
製作年 1990年
製作国 イギリス
配給 UIP

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ザ・クレイズ 冷血の絆」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi