サウンド・オブ・ミュージック
ホーム > 作品情報 > 映画「サウンド・オブ・ミュージック」
メニュー

サウンド・オブ・ミュージック

劇場公開日

解説

リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ監督により映画化。1938年、オーストリア・ザルツブルグ。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとするが、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、トラップ大佐は再婚が決まってしまう。「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など劇中で歌われる名曲の数々とともに、映画史に名を刻む傑作ミュージカル。アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか5部門受賞。日本でも1965年に公開されて以降、長年にわたり愛され続けている。2003年には「ニュー・プリント・デジタルリマスターバージョン」でリバイバル公開。15年には「製作50周年記念日本語吹替版」として、新録音された日本語吹き替え版が公開。

作品データ

原題 The Sound of Music
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
日本初公開 1965年6月26日
上映時間 174分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第38回 アカデミー賞(1966年)

受賞
作品賞  
監督賞 ロバート・ワイズ
編集賞 ウィリアム・レイノルズ
編曲賞 アーウィン・コスタル
音響賞  
ノミネート
女優賞 ジュリー・アンドリュース
助演女優賞 ペギー・ウッド
撮影賞(カラー) テッド・マッコード
衣装デザイン賞(カラー) ドロシー・ジーキンズ
美術賞(カラー)  

第23回 ゴールデングローブ賞(1966年)

受賞
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジュリー・アンドリュース
ノミネート
最優秀助演女優賞 ペギー・ウッド
最優秀監督賞 ロバート・ワイズ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全29件)
  • だれもが感動できるお話 音楽もストーリーも最高。 背景や色々なところに時代は感じるけど、 不朽の名作だと思う。 あのエーデルワイスが聴きたくて、 たまに観る、そんな作品。 子供ができても是非見せたい、 王道の素晴らしい映画! ...続きを読む

    yccn yccnさん  2016年6月28日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ●王道だ。 不朽の名作。そう呼ばれる所以が理解できた気がする。王道だ。 恥ずかしながら、ドレミの歌の映画くらいの認識しかなかった。 「そうだ。京都に行こう。」のCMの元歌と初めて知った。 なるほど。冒頭の雄... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年5月15日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 不朽の名作!! オーストリアの美しい景色がまず目に入ってきます、すぐに歌が始まり、厳格な大佐の家に住む天使のような子供たち、何かを見つけようと扉を開いて飛び込んできた修道女、ミュージカルというくくりではなく、内... ...続きを読む

    映画こそ友達 映画こそ友達さん  2016年3月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

サウンド・オブ・ミュージック (吹替版) サウンド・オブ・ミュージック (字幕版) サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 サウンド・オブ・ミュージック
サウンド・オブ・ミュージック (吹替版) サウンド・オブ・ミュージック (字幕版) サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 サウンド・オブ・ミュージック
2015年5月2日 2013年12月28日 2014年4月19日 2016年4月9日
¥250 ¥300 ¥1,000 ¥500
Amazonビデオ iTunes iTunes ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「サウンド・オブ・ミュージック」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi