「楽しいことは、いいことだ。」この胸のときめき 旅人さんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

この胸のときめき

劇場公開日 2000年9月30日
全2件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

楽しいことは、いいことだ。

いかにもわざとらしい話なのだが、全体的な雰囲気が楽しい。

どちらかというと暗くなりがちな臓器移植を扱った作品なのだが、登場人物の明るさがそれを一掃している。
ミニー・ドライヴァー独特の陽気さもピッタリで、なんとも温かい気持ちにさせてくれる。
それ以上に脇役の老人たちが純粋で楽しい。

ストーリーは誰でも考えつくような話で、単に話だけとなるとひねりもなく面白みに欠ける。

ただ、陽気な雰囲気で、見終わったとき少しだけ温かい気持ちになれる。

旅人
さん / 2013年11月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi