子供たちの城
ホーム > 作品情報 > 映画「子供たちの城」
メニュー

子供たちの城

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

60年代初めのコペンハーゲンを舞台に、3人の少年の自我の形成を描く。ビヤーネ・ロイターの原作を基に、監督・脚本は「ペレ」のビレ・アウグスト、撮影はヤン・ウェンケが担当。出演はアダム・トンスバーグ、モーティン・ホルフほか。

ストーリー

'61年、コペンハーゲン郊外のブロンスホイに住むビヨン(アダム・トンスバーグ)、ムーレ(モーティン・ホルフ)、スティン(ペーター・ライカルト)の三人は、生活環境も性格も全く違っていたが、その頃ギャングもどきのグループを作り、秘密の隠れ家に集まっては危ない策略を練っていた。ある夜彼らは近所のキャンディ・ストアの女王人を襲い、盗んだ金でスウェーデンへの遊覧船の旅を楽しんだ。その年の夏、同級生のキースティン(リッチ・ボンド)に秘かな好意を抱いてたビヨンは、町の雑貨屋の少女に恋をし、ほのかなロマンスを体験する。一方のスティンは、うまくコミュニケーションをとれない両親との関係に、心を屈折させていた。夏も終りになり、悪戯の域を越えるスティンの様子にビヨンもムーレも、グループから離れることを望むが、彼は町の不良仲間をメンバーに入れ、その関係を複雑に、深刻にしてゆく。ある日の授業で、可愛がっていた小鳥を学校に持って来たムーレは、放課後目を離した隙にスティンに小鳥を殺され、彼を血まみれになるまで殴りつける。ビヨンはその光景をただ呆然と眺めているだけだった。クリスマスの夜、一人で過ごすスティンは、嫌がるビヨンを無理矢理家に来させるが、自分の可愛がっていた肉食魚“サパ”を踏み殺すのを目撃し狂ったように彼にいどみかかる。首を占められ息絶え絶えになったビヨンは、死にもの狂いでつかんだ鈍器でスティンの頭を殴りつける。血まみれになるスティン。呆然と夜の街をさヨビヨンの心に、複雑な思いがこみあげてくるのだった。...

作品データ

原題 Zappa
製作年 1983年
製作国 デンマーク
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第36回 カンヌ国際映画祭(1983年)

出品
ある視点部門
出品作品 ビレ・アウグスト

他のユーザーは「子供たちの城」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi