ゴダールの探偵
ホーム > 作品情報 > 映画「ゴダールの探偵」
メニュー

ゴダールの探偵

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ある一つのホテルを背景に過去に起きた殺人事件とそれを追う探偵たちを中心に様々な人間たちのドラマを描く。製作はアラン・サルド、監督は「ゴダールのマリア」のジャン・リュック・ゴダール。アラン・サルドとフィリップ・セトボンの脚本を基にゴダールとアンヌ・マリー・ミエヴィルが脚色。撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はピエール・ガメが担当。出演はジョニー・アリディ、ナタリー・バイなど。

ストーリー

パリの一流ホテル、コンコルド・サン・ラザールの一室のベランダに取りつけられたビデオ・カメラが街の下の方を映し出す。この一室に陣取ってある殺人事件を追っていたのはイジドール(ジャン・ピエール・レオー)という現職の刑事だ。事件は、ちょうど二年前、このホテルで起こったのだが、当時その事件を担当していた探偵ウィリアム(ローラン・テルズィエフ)は、犯人をつきとめられず職を失ったが、今でも犯人追求の意欲は失っていない。イジドールは彼の甥だった。彼らにはイジドールのいとこに当たるアリエル(オーレル・ドアザン)とアンヌ(アンヌ・ジゼル・グラス)の二人の若い女性の同居人がいる。イジドールとアリエルは恋仲だ。ホテルのロビーでは、エアバスのパイロットのエミール(クロード・ブラッスール)がいる。この夫婦は、ホテルの一室に住むボクシングのプロモーター、ジム(ジョニー・アリディ)と会うことになっている。彼らはジムに貸しがあるのだ。しかし金が入ったら、二人の絆は切れてしまうかもしれない。彼らの心はすでに離れている。ジムはタイガー(ステファン・フェラーラ)なるボクサーを抱え、各地で試合をプロモートしているが、今や巨額の借金に苦しんでいた。やむなくイカサマ試合を仕組もうとしているジムは、その他にも4000万という巨額を不正に手に入れており、そんなことからマフィアに狙われている。マフィアのボス(アラン・キュニー)もまた、このホテルに宿泊してジムを監視している。実は、フランソワズは、ジムと恋仲だった。やがて、二年前の殺人事件の真相が明らかになるが、思いがけぬ殺人事件が、またホテルの近くで勃発するのだった……。...

作品データ

原題 Detective
製作年 1985年
製作国 フランス
配給 パルコ=俳優座シネマテン

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第38回 カンヌ国際映画祭(1985年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ジャン=リュック・ゴダール

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ゴダールの探偵」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi