黒砲事件
ホーム > 作品情報 > 映画「黒砲事件」
メニュー

黒砲事件

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ひとつのスパイ容疑事件をきっかけにして明らかになった、中国社会の問題を描く、緊賢亮の原作『浪漫的黒砲』を李唯が脚色し、黄建新が監督、撮影は王新生と馮偉、音楽は朱世瑞が担当。出演は劉子楓、高明、ゲルハルト・オルチェスキーほか。

ストーリー

大雨の夜、趙書信(劉子楓)という中年男が電報局に駆け込み、「我失黒砲301機」という電文を打つ。彼はドイツ語が堪能で数年来ドイツとの合併事業で通訳技師として、ドイツ人技師ハンス・シュミット(ゲルハルト・オルチェスキー)と動いていたが、突然はずされた。趙の打った電文が公安局に通報され、党委員会が「黒砲事件」として調査を始めたからだ。だがやがて“黒砲”とは将棋の駒であることが分かり、趙のスパイ容疑は晴れたが、事故が発生した。趙の代わりにドイツ語を訳した通訳が誤訳したのだ。何とか責任を回避しようとする工事関係者は顔色を失ったが、全てはあとのまつりだった。...

スタッフ

監督
ホアン・チェンシン
脚本
リー・ウェイ
原作
チャン・シエンリアン
撮影
ワン・シンシェン
フェン・ウェイ
美術
劉邑川
音楽
朱世瑞
字幕
村田忠禧

キャスト

作品データ

原題 黒砲事件 The Black Cannon Incident
製作年 1985年
製作国 中国
配給 東光徳間

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi