生きる(1952)
ホーム > 作品情報 > 映画「生きる(1952)」
メニュー

生きる(1952)

劇場公開日

解説

市役所の市民課長・渡辺は30年間無欠勤、事なかれ主義の模範的役人。ある日、渡辺は自分が胃癌で余命幾ばくもないと知る。絶望に陥った渡辺は、歓楽街をさまよい飲み慣れない酒を飲む。自分の人生とは一体何だったのか……。渡辺は人間が本当に生きるということの意味を考え始め、そして、初めて真剣に役所の申請書類に目を通す。そこで彼の目に留まったのが市民から出されていた下水溜まりの埋め立てと小公園建設に関する陳情書だった。この作品は非人間的な官僚主義を痛烈に批判するとともに、人間が生きることについての哲学をも示した名作である。

作品データ

製作年 1952年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 143分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.2 4.2 (全23件)
  • ●残された人生で何するか。 ずっと観たかった作品だが、ちょっと想像と違ってた。 余命幾ばくもないと知らされたら、自分はどうするだろうか。 知らされなくても、いつかは死ぬのだけれど。 このへんのプロセスの描写はバッサリだ。黒... ...続きを読む

    うり坊033 うり坊033さん  2016年12月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 匠の技 ラストの展開が、うまい。 そこに感動した。 四方晴美さんのお母さん、小田切みきさんのあの時代としては淡谷のり子級のはっちゃけ女子ぶりが目を引いた。 出演者もそうそうたるメンバーで満足した。 ...続きを読む

    ついの晴れ間 ついの晴れ間さん  2016年11月27日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 演出、構成、脚本と素晴らしい 幼い頃から気になっていた映画でありますが、 その期待をいい意味で裏切る映画でした。 志村さんの表情だけで、全てのシーンで感情を読み取れるし、 中盤から徐々に最後の使命を見つけ出す様からまさかの終... ...続きを読む

    ジーナ ジーナさん  2016年10月4日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 黒部の太陽 【通常版】[DVD] 虎の尾を踏む男達[Blu-ray/ブルーレイ]
『男はつらいよ HDリマスター版』 プレミアム全巻ボックス コンパクト仕様[DVD] 七人の侍[Blu-ray/ブルーレイ] 黒部の太陽 【通常版】[DVD] 虎の尾を踏む男達[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2008年10月29日 最安価格: ¥87,553 発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,681 発売日:2013年3月20日 最安価格: ¥3,172 発売日:2009年10月23日 最安価格: ¥3,959
Powered by 価格.com

他のユーザーは「生きる(1952)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi