ゴールデン・エイティーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ゴールデン・エイティーズ」
メニュー

ゴールデン・エイティーズ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

30年前の恋の記憶に引き戻された女とその息子を中心とした恋愛ミュージカル・コメディ。1986年のカンヌ映画祭監督特別上映作品。製作はマルティーヌ・マリニャック、監督・脚本は「アンナの出会い」のシャンタル・アケルマン、音楽はマルク・エルエが担当。出演はミリアム・ボワイエ、ジョン・ベリーほか。

ストーリー

レ・アールのフォーラムを思わせる地下ブティック街。ジャンヌ(デルフィーヌ・セイリグ)とシュワルツ(シャルル・デネール)夫妻が経営する高級ブティックとリリ(ファニー・コタンソン)経営の美容室が大階段をはさんで並び、向いのシルヴィ(ミリアム・ボワイエ)が経営するカフェに常連客が集まる。ジャンヌとシュワルツ氏の息子ロベール(ニコラ・トロン)は、リリを思っているが、リリは、家主のギャング、ムッシュ・ジャン(ジャン・フランソワ・バルメール)にも思われ、ジャンはリリを独占したいと思っている。そして、美容院で働くマド(リオ)はロベールに夢中。そんなころ、ジャンヌのもとに30年前の恋人、アメリカ人のイーライ(ジョン・ベリー)が現われ、ジャンヌの心は動揺する。自分の恋しか目に入らないジャンヌだが、ロベールを愛するマドの悩みを聞き、「恋はどうにもならない」となぐさめる。やがて、リリの愛を得られないロベールが、一時の思いつきで、マドとの結婚を決意し、マドは幸福感に満たされる。翌日、イーライとジャンヌが再会。一方、リリに恋するジャンは、リリとロベールのことが気になり、美容室を破壊。ジャンヌはイーライの求婚を断り、イーライはリリと遠くへ行ってしまう。それから3ヵ月。ロベールとマドの結婚式を明日にひかえた日、ロベールのもとにリリが戻る。本当に愛していたのはあなただというリリ。ロベールは彼女を抱きよせる。そんな二人の姿を見てしまったマドは悲しみのうちにロベールを諦める決心をする。マドをなぐさめるジャンヌ。やがて、また、平静な日々が戻ってくる。...

作品データ

原題 Golden Eighties
製作年 1986年
製作国 フランス・ベルギー・スイス合作
配給 ヘラルド・エース

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ゴールデン・エイティーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi