ゴースト 血のシャワー
ホーム > 作品情報 > 映画「ゴースト 血のシャワー」
メニュー

ゴースト 血のシャワー

劇場公開日

解説

1隻の鋼鉄船との衝突事故で海にさらされた豪華船の生存者が、その場に現われた無気味な船に乗り込んだことから、怪奇な事件に次々に巻き込まれるという恐怖映画。製作はデレク・ギブソンとハロルド・グリーンバーグ、監督はアルヴィン・ラーコフ、ジャック・ヒルとデビッド・P・ルイスの原案を基にジョン・ロビンスが脚色。撮影はレネ・ヴェルジェ、音楽はアイヴォー・スレーニー、特殊効果はマイク・アルブレッチェンが各々担当。出演はジョージ・ケネディ、リチャード・クレンナ、ニック・マンキューソ、サリー・アンホースなど。

ストーリー

北大西洋を渡る豪華客船が、航海中、疾走してきた1隻の黒い鋼鉄船に激突し、生存者8人がボートに乗り海の上を漂っていた。やがて、そこに黒い船が現われ誘うようにタラップがおりた。船長のアシュランド(ジョージ・ケネディ)、マーシャル(リチャード・クレンナ)、その妻マーガレット(サリー・アンホース)、それに2人の子供、航海士、女性実業家のロリ(ビクトリア・バーゴイン)などは、恐る恐るもその船に乗り込んだ。その船は人気がなく、一行を乗せ終わると、ひとりでにイカリをあげ疾走しはじめた。乗る瞬間にクレーンに吊し上げられ、その衝撃でしばらく療養していたアシュランドは、意識を回復すると別人のような行動をとり、看護に当っていた女性を絞殺するという事件をおこす。一方、航海士と愛のひとときを過ごしたロリはシャワー室でお湯のかわりに放出された血のシャワーを浴び、恐怖のために狂い死にした。調査の結果その船は40年前のナチス・ドイツの拷問船であることが判明しミイラ化した死体や当時の残虐な情況を写し出すフィルムなどが発見された。しかも、そのナチス・ドイツ軍と、その犠性となった人たちの怨念が、今、アシュランドにのり移り、彼を狂気の殺人鬼と変貌させていたのだ。航海士も殺され、残されたマーシャル親子は、必死の抵抗を試みた。運よく死体の入った冷蔵庫に救命具があり、必死にその呪われた船から海にのがれた。焦るアシュランドは、自分も追跡のためにその船から離れようとするが、船は逆にアシュランドを呪縛し抹殺した。...

作品データ

原題 Death Ship
製作年 1980年
製作国 アメリカ
配給 松竹=富士映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ゴースト 血のシャワー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi