GO!GO!L.A.
ホーム > 作品情報 > 映画「GO!GO!L.A.」
メニュー

GO!GO!L.A.

劇場公開日

解説

ロサンゼルスのショウビズ界を舞台にしたイギリス人青年のラヴ・ストーリー。監督はアキ・カウリスマキの実兄で「アマゾン」のミカ・カウリスマキ。脚本はリチャード・レイナーの『Los Angels without a Map』を基にミカ・カウリスマキ、リチャード・レイナーが執筆。製作は「バタフライ・キス」のジュリー・ベインズとサラ・ダニエル。製作総指揮は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のディーパック・ネイヤー。撮影は「ドーベルマン」のミシェル・アマチュー。音楽は「フィフス・エレメント」のセバスチャン・コルテラ。美術は「マイ・フレンド・メモリー」のキャロライン・ハナニア。編集は「アンダー・ザ・スキン」のエワ・J・リンド。衣裳は「スネーク・アイズ」のヤスミン・エイブラハム。出演は「バッファロー'66」のヴィンセント・ギャロ、「愛のトリートメント」のジュリー・デルピー、「アイズ ワイド シャット」のヴィネッサ・ショウほか。

ストーリー

イギリスの片田舎で葬儀屋を営むリチャード(デイヴィッド・テナント)はロサンゼルスから旅行に来ていた女優の卵バーバラ(ヴィネッサ・ショウ)に一目ぼれ。平凡な人生から逃れるようにフィアンセと仕事を投げ打ち、バーバラを追ってアメリカへ渡る。ところがアメリカはリチャードにとってカルチャーショックの連続。しかもバーバラがパターソン監督(キャメロン・バンクロフト)といいムードになっている事実を知る。そんな彼を助けてくれたのがギタリストのモス(ヴィンセント・ギャロ)。彼はリチャードに部屋を探してくれたばかりか仕事の世話までしてくれた。その後モスはバーバラの親友ジュリー(ジュリー・デルピー)と恋に落ち、ラブラブな日々を過ごす。リチャードはどうにかバーバラと結婚することができたが、相変わらず彼女にはパターソンの影がちらつく。嫉妬すればするほどリチャードの元から離れていくバーバラ。そしてついに映画関係者が集うパーティーで彼の嫉妬は爆発、勢い余って会場を丸焼けにしてしまう。完全に彼女に見捨てられ、失意の中帰国するリチャード。ところがしばらくして、平凡な葬儀屋暮らしに戻った彼の前にバーバラの姿があった。...

作品データ

原題 L.A. without a map
製作年 1998年
製作国 イギリス・フランス・フィンランド合作
配給 パルコ=ザナドゥー配給(パイオニアLDC=パルコ=ザナドゥー提供)
上映時間 107分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全1件)
  • ヴィンセント・ギャロっ、渋い。 1998年イギリス・フランス・フィンランド合作映画。107分。今年7本目の作品。どんな映画かまったく知らず、ジャケットだけで借りた本作。監督名にカウリスマキと書いてあって、「おお!」とおもったら... ...続きを読む

    あんゆ~る あんゆ~るさん  2010年2月8日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「GO!GO!L.A.」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi