荒野の隠し井戸
ホーム > 作品情報 > 映画「荒野の隠し井戸」
メニュー

荒野の隠し井戸

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ジョセフ・T・ステックとロバート・R・ヤングのオリジナル・シナリオを新人ウィリアム・A・グラハムが監督した西部劇。撮影はロバート・バークス、音楽はデーヴ・グルーシンが担当。出演は、「現金作戦」のジェームズ・コバーン、「消えた拳銃」のキャロル・オコナー、「ポギーとベス」のクロード・エイキンズ、「突撃(1957)」のティモシー・ケイリーなど。製作は「グレート・レース」の監督ブレイク・エドワーズ、オーエン・クランプ、ジョセフ・T・ステックの3人があたっている。

ストーリー

町から町へ流れあるくバクチうちのコール(ジェームズ・コバーン)は、ある町で、フォーガス軍曹、無法者のヒルブ、ドク、それに靴屋のビルが共謀して騎兵隊の倉庫から盗んだ金塊を隠した、泉の場所を記した地図を、ドクから奪った。ところが、その泉は、砂漠の真ん中にあり、馬がなくては行くことができなかった。そこでインテグリティの町に着くと、早速シェリフの詰所に押しかけ、シェリフのコパーラッド(キャロル・オコナー)と代理のティッピンを留置所におしこめ、コッパーラッドの馬を奪うと、地図をたよりに泉に行き、金塊を掘り出した。そこへコールを追ってきたコパーラッドが現れた。だが、いくらシェリフとはいえ、そこは人の子、2人の間には、金塊を山分けにする相談がまとまった。ところが、今度は、フォーガス軍曹がヒルブとベンを連れて姿を現し、2人を縛りあげ、金塊を奪って逃げてしまった。だが、父の後をつけてきたコパーラッドの娘ビリーによって2人は救われた。町に帰ったコールは、町のあいまい宿で一味を見つけ出し、鮮やかなガンさばきで射ち殺したのだが、そのどさくさに金塊は、宿女主人の口車にのせられたベンによって持ち去られ、砂漠の一隅に埋められていた。そのことをいち早くかぎつけたビリーは、ことばたくみにベンをまるめこみ、その場所を白状させると、単身砂漠に馬を走らせ、金塊を掘り出した。そこへビリーの様子をうかがっていたコールが現れた。コールはビリーが男に弱いことを知っていたので、そこにつけこんで、まんまと金塊を奪いとると、メキシコに向けて出発した。そのコールの後を大勢の追っ手が追いかけた。だがコールの姿は砂けむりのかなたに消え、見えなくなってしまった。...

作品データ

原題 Waterhole No.3
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi