光年のかなた
ホーム > 作品情報 > 映画「光年のかなた」
メニュー

光年のかなた

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

人里離れた荒野で人類が失った夢を追い求める老人と、青年との、不思議な探究譚をシュールに描く。監督・脚本は「ジョナスは2000年に25才になる」のアラン・タネール。1981年カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。

ストーリー

アイルランドの田舎町。パブで働く青年ジョナス(ミック・フォード)は、ヨシュカ(トレヴァー・ハワード)という老人に魅せられて彼の家を訪れた。ヨシュカは自動車廃棄場の一角にある納屋に住み、世間からは変人扱いされている。ヨシュカはそのまま廃棄場に居ついたジョナスに、通過儀礼のように次々と色々な試練を果たした。壊れて役に立たないガソリン・スタンドで一日中立って客を待つ。廃車の整理をする。……ヨシュカの納屋の側には固くドアを閉ざしたガレージがあって、彼はしばしばそこにこもっているが何をしているのかわからない。ジョナスに等身大の穴を掘らせてその中に入り、そこで三日三晩水だけで過ごすこともあった。やがて最後の試練としてヨシュカは、ジョナスに鷲を捕まえてくるように言う。ジョナスは荒野へ出て、密猟者のトマス(ジョー・ピルキントン)の助けを借りて大鷲を捕えて帰った。ヨシュカがジョナスを例のガレージへ導くと、そこには巨大な人工翼がある。ヨシュカはこの翼を背中に付けて飛び立つつもりだと言い、肉体から魂を離脱させる方法を瞑想によって体得して来た、そして自分を無にして光年のかなたまで飛んでいくと語った。何日かのちの夜、ヨシュカは翼を翻し空に消えていく。ヨシュカはこの後も一人納屋に残り、老人のあとを継ごうとするのだった。...

作品データ

原題 Light Years Away Les annees lumiere
製作年 1980年
製作国 フランス・スイス合作
配給 欧日協会=ユーロスペース

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第34回 カンヌ国際映画祭(1981年)

受賞
コンペティション部門
審査員特別グランプリ アラン・タネール
出品
コンペティション部門
出品作品 アラン・タネール

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「光年のかなた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi