恍惚(1992)
ホーム > 作品情報 > 映画「恍惚(1992)」
メニュー

恍惚(1992)

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1920年代のアメリカ、シカゴを舞台に、同性愛者のカップルが少年を殺害したレオポルドとローブの事件の実話をもとにした犯罪ドラマ。監督・脚本・製作はビデオ・短編集映画作家出身で、エイズ教育や、フリーランス・ライターとしても活動するトム・ケイリンで、本作が長編デビュー作となる。共同製作は「ポイズン(1991)」のクリスティン・ヴァション、エグゼクティヴ・プロデューサーはローレン・ザラーズニックとジェームズ・シェイマス、共同脚本はヒルトン・アルス。撮影はドキュメンタリー出身のエレン・クルス。音楽はジェームズ・ベネットが担当。主演は舞台・TVCM出身のダニエル・シュラケット、オフ・ブロードウェイの舞台などで活動してきたクレイグ・チェスター。なお本作は16ミリで撮影され、35ミリにブローアップされて公開された。

ストーリー

1924年のシカゴはギャングや密造酒の横行する街。裕福な家に生まれ育った18歳のユダヤ系青年リチャード(ダニエル・シュラケット)とネイサン(クレイグ・チェスター)は、同性愛のカップルで、小さな犯罪を起こして楽しんでいた。退屈する彼らは、ついに子供の誘拐を決行し、勢い余って惨殺してしまう。現場で発見されたネイサンの眼鏡から2人の犯行が割り出され、本格的な取り調べが始まった。リチャードは全てをネイサンのせいにし、彼の言葉はネイサンを打ちのめした。裁判が始まり、弁護側の同性愛=狂気という論点から、結局2人には終身刑プラス99年の刑が確定した。刑に服して10年後、シャワーを浴びるリチャードをジェームズ・デイという男が襲い殺した。ネイサンは、ナイフで首を切られたリチャードの遺体から、2人のペア・リングを外し、それを彼の口の中に入れた。ずっとリチャードを思い続けていたネイサンは、やっと愛の呪縛から解放されたのだった。...

作品データ

原題 Swoon
製作年 1992年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi