恋は魔術師(1985)
ホーム > 作品情報 > 映画「恋は魔術師(1985)」
メニュー

恋は魔術師(1985)

劇場公開日

解説

同名のバレエ曲を基に恋の情念をフラメンコで描く。製作のエミリアーノ・ピエドラ、監督・脚本のカルロス・サウラ、脚本・振付けのアントニオ・ガデスの三人のトリオによる「血の婚礼」「カルメン(1983 Saura)」に続く三部作のエピローグに当る作品。撮影はテオ・エスカミーリャ、音楽はマヌエル・デ・ファリャ、編集はペドロ・デル・レイが担当。共演はクリスティーナ・オイヨス、ラウラ・デル・ソルほか。

ストーリー

子供たちが遊び回る広場の隅のテーブルで、賭事に興じている二人の男が、幼い息子と娘の結婚の約束を交わす。少年の名はホセ、少女の名はカンデーラといった。そんな光景を悲しそうに見つめているもう一人の少年がいる。彼の名はカルメロ。その瞳には、胸に秘めたカンデーラへの愛が表われていた。やがて時が過ぎ、成人したホセ(ファン・アントニオ・ヒメネス)とカンデーラ(クリスティーナ・オイヨス)の婚礼の日がやって来た。だが浮気なホセには女が多い。自分の婚礼の日でありながら、若く美しい娘ルシア(ラウラ・デル・ソル)のあとを追い回す。ジプシー村のクリスマス。案の定、不実な暮しをしていたホセは、ルシアを他の男と争ううちにナイフで刺されて死んでしまう。嘆き悲しむカンデーラ。カルメロ(アントニオ・ガテス)は、彼女をかばったばかりに、誤って投獄されてしまった。それから4年、刑を終えて戻ってきたカルメロはまだカンデーラを愛していた。が、カンデーラは、夜ごとホセが殺された荒野にさまよい出て、夫の亡霊と踊っている。「死者を遠ざけるのは火よ」。村の妖術師(エンマ・ペネーリャ)は言った。呪文の助けをかり、亡霊を追い払う“火祭りの踊り”が行なわれる。これに失敗したカルメロは、妖術師から、ルシアを犠牲にすることを教えられる。夜の荒野。カンデーラの呼びかけにより、ホセが現われる。そしてカルメロに呼ばれていたルシアが、ホセについて行った。夜明けを迎え、呪いから放たれたカンデーラと、愛を得たカルメロの姿があった。...

作品データ

原題 El Amor Brujo
製作年 1985年
製作国 スペイン・フランス合作
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

恋は魔術師[DVD] カルメン[Blu-ray/ブルーレイ] 恋は魔術師[DVD]
恋は魔術師[DVD] カルメン[Blu-ray/ブルーレイ] 恋は魔術師[DVD]
発売日:2013年10月2日 最安価格: ¥3,283 発売日:2013年10月2日 最安価格: ¥3,995 発売日:2015年10月7日 最安価格: ¥1,543
Powered by 価格.com

他のユーザーは「恋は魔術師(1985)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi