原始のマン
ホーム > 作品情報 > 映画「原始のマン」
メニュー

原始のマン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

落ちこぼれ高校生2人組と、突然現代に出現した1万年前の原始人が巻き起こす騒動を描く学園コメディ。この作品が監督デビュー作となるレス・メイフィールドと、製作・原案のジョージ・ザルームは、「ロジャー・ラビット」などのメイキング・フィルムや、「ハート・オブ・ダークネス コッポラの黙示録」の製作を手掛けたコンビ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「サイコ2」のヒルトン・グリーン。脚本・共同原案は「ビルとテッドの大冒険」のショーン・シェップス。撮影はミュージック・ビデオ出身のロバート・ブリンクマン。音楽はJ・ピーター・ロビンソンが担当。主演は「メンフィス・ベル」のショーン・アスティン、「青春の輝き」のブレンダン・フレイザー、MTVの人気司会者のポーリー・ショア。

ストーリー

カリフォルニア州エンシノ市。エンシノ高校に通うデーヴ(ショーン・アスティン)と親友のストーニー(ポーリー・ショア)は何の取り柄もない落ちこぼれ高校生。卒業目前にして、夏になると女の子たちが押しかけるようにと、裏庭にプールを堀り始めた。エンシノ市一帯を大地震が襲ったある日、2人の前に、地中から巨大な氷塊が出現する。その中には人間の姿があり、2人はストーブの熱で氷を溶かそうと、ガレージに氷塊を運んだ。中から現れたのは泥まみれの若い大男だった。彼は1万年前に氷河に封じこめられてしまった石器時代のクロマニヨン人だったのである。デーヴとストーニーは、原始人(ブレンダン・フレイザー)をライターの火で手なずけ、風呂に入れ、服を着せて、エストニアからの交換留学生リンクとして家族に紹介し、次の日、エンシノ高校に潜り込ませることに成功した。2人の目的はリンクをダシにして女の子の人気者になることだったが、リンクは突然壁をよじ登ったり、理科の実験のカエルを食べてしまったり、そうかと思うと踊りのセンスはバツグンで、学園中の注目を集め、デーヴが思いを寄せる幼なじみのロビン(ミーガン・ウォード)も彼と仲良くなってしまう。思惑が外れたデーヴはリンクを遠くの街に置き去りにしようとするが、デーヴを信頼し切っているリンクの姿を見た時、デーヴはストーニーとともにリンクに駆け寄った。3人の間には友情が芽生えていたのだった。プロムの夜、デーブはリンクにロビンと一緒に行くようしむけるが、ロビンに横恋慕するマット(マイケル・デルイーズ)が、リンクの正体を知ってしまう。機転を利かせたデーヴとストーニーは、リンクが原始人だと皆の前で言うが、誰も信用する者はいない。2人は喧嘩の末、マットを負かし、ロビンはリンクために戦うデーヴを見て彼を好きになる。その夜、もう一度地震があり、デーヴの家から今度は女の原始人が…。何と彼女はリンクの恋人だったのだ。...

作品データ

原題 Encino Man(California Man)
製作年 1992年
製作国 アメリカ
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「原始のマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi