ケニー
ホーム > 作品情報 > 映画「ケニー」
メニュー

ケニー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

両脚切断のままたくましく生きるケニー少年を主人公に実話を基にしたドラマ。製作はデニス・ビショップ、監督・脚本は「セント・ヒヤシンス物語」のクロード・ガニオン、撮影は加藤雄大、音楽はフランソワ・ドンピエールが担当。出演はケニー少年と兄のエディが実名で出演し、ほかにカトリーン・クラークなど。

ストーリー

ペンシルヴァニア州ウェスト・アリキッパに住む12歳の少年ケニー・イースタディは腰から下が無い重度障害児。だが両手で歩くこともできるし、スケートボードも器用に乗る。そんなケニーのところに、フランス国営放送から取材班がやって来た。ママのシャロン(カトリーン・クラーク)とパパのジェシー(ザック・グレーナー)がケニーの苦労話をする。兄のエディはテレビに出してもらえないので機嫌が悪い。エディとケニーはいつも喧嘩ばかりしているけど、自分を対等に扱ってくれるエディが大好きだ。そんな時、祖父母の家に引き取られていた姉のシャロン・ケイ(リアーヌ・カーティス)が帰ってきた。女優かモデルになるのが夢のシャロン・ケイはテレビに出るのが大好きだ。美人でやさしい姉と一緒に暮らせるとあって大喜びのケニー。テレビのクルーが帰国した後、突然、シャロン・ケイは独立したいと言ってピッツバーグに行ってしまった。ケニーとエディが必死に止めても無駄だった。数日後、ケニーの姿が消えた。ヒッチハイクでピッツバーグに向かったのだ。どうして一緒に住んでくれないのか、その訳を姉に聞きたかったのだ。突然、訪ねてきたケニーに驚くシャロン・ケイ。彼女はケニーに、両親が自分をかまってくれないので、家族を憎んでいた……と告白。ショックを受けたケニーはハドソン河へ向かって走った。あわてて追いかけたシャロン・ケイはケニーを固く抱きしめた。...

スタッフ

監督
脚本
クロード・ガニオン
製作
デニス・ビショップ
撮影
加藤雄大
美術
Bill Bilowit
音楽
フランソワ・ドンピエール
編集
アンドレ・コリヴォー
字幕
進藤光太

作品データ

原題 Kenny
製作年 1987年
製作国 アメリカ・日本合作
配給 東宝東和
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ケニー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi