激光人・レーザーマン
ホーム > 作品情報 > 映画「激光人・レーザーマン」
メニュー

激光人・レーザーマン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

自分の開発したレーザー光線を暗殺に利用されてしまう科学者と、それを捜査する中国系刑事の姿を通してコメディ・タッチで文化の衝突を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはツイ・ハーク、「グレートウォール」のNYインディーズ派、ピーター・ワンが製作・監督・脚本・出演をこなし、撮影は「ドゥ・ザ・ライト・シング」のアーネスト・ディカーソン、音楽はメイソン・ダーリングが担当。テーマ曲を坂本龍一が提供。出演はマーク・ハヤシほか。

ストーリー

中国系の腕利き刑事ルー(ピーター・ワン)の捜査したある事件の、以下は顛末。レーザー光線の開発に従事するアーサー・ワイズ(マーク・ハヤシ)は偶然殺人兵器を生み出してしまい、それがもとで助手を事故死させ、研究所をクビになる。家族を抱え困ったものの、義弟で怪しげなブローカーのジョーイ(レオン・カーフェイ)ともども、それぞれジャネット(マリアン・ウルバノ)、スズ(サリー・イップ)という娘との恋に身をやつす日々。そんな時、ハンソン(ジョージ・バートノフ)という男から研究を続けないかという格好の誘い。が、疑惑を持ったアーサーがよく調べてみると、ハンソンの真の目的はレーザーを暗殺に使うこと。驚いたアーサーはジョーイと共にルーのもとを訪れ、助けを求めるが、ルーの部下の失敗でアーサーはハンソンに捕まり、暗殺の手助けをさせられる羽目に陥る。ついにレーザーは正確に発射された。翌朝、アーサーはジョーイが殺されたという新聞の記事を発見しショックを受け、葬式に行った。しかし実はそれはルー刑事の策略で、それはアーサーを脅そうとやってくるハンソン一味を呼びよせるためだった。しかしまたしても部下たちのドジで敵をとり逃がしてしまった。そこへ突然ジョーイが棺桶から起き上がる。彼は実は生きていたのだ。そして敵を倒し、事件は一件落着するのだった。...

作品データ

原題 The Laserman
製作年 1988年
製作国 アメリカ・香港合作
配給 シネセゾン

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「激光人・レーザーマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi