クレージーモンキー 笑拳
ホーム > 作品情報 > 映画「クレージーモンキー 笑拳」
メニュー

クレージーモンキー 笑拳

劇場公開日

解説

人間の喜怒哀楽の感情を基にした笑いの波状攻撃である拳法“笑拳”を使って悪党を倒すカラテの達人を描くクンフー映画で、「酔拳」、「猿拳」に続くシリーズ第3弾。製作はスー・リー・ホワ、監督・脚本はジャッキー・チェンが各々担当。出演はジャッキー・チェン、イェン・シー・クァン、ジェームズ・ティエン、シン・ティエンなど。

ストーリー

清朝末期の広東。政府の横暴さから、目ざわりになるカラテ流派がことごとく弾圧され、その中でも声望高い形意道場は目の仇にされ、門弟たちが清朝からさしむけられた鉄の爪をもつ殺し屋にかき殺されていた。しかし名手、陣鵬飛が生きている限り形意道場復興の可能性は消えない。殺し屋は陣鵬飛を殺すことに全力を注ぐ決意をした。興隆(ジャッキー・チェン)は、哲学と修身とカンフーに専念する若者。実の爺さんと特訓修業のために山中のあばら家に引っ越して毎日励んでいる。ある日、市場に出かけてサイコロ博奕に加わった興隆は、帰り道で3人のやくざに待ち伏せされるが、みごとに3人をやっつけ、逆に彼らから兄貴、兄貴と慕われる始末。一方、病気がちの爺さんの薬代に困り出した興隆は、地道な職業につくがやはりダメ。偶然出くわした例の3人組の紹介で王門道場の用心棒の職をえた。ある日、いつものように道場破りと対決していた興隆は、観衆の中に爺さんがいるのを見つけ、急に緊張、攻めの型が守りの型になってしまった。この爺さんを見つめるものがもう一人。鉄の爪をもつ例の殺し屋だ。彼は、この爺さんこそが身をやつした陣鵬飛であることを見破ったのだ。そして配下をつれて家まで襲ってきた。そして、病をかかえた爺さんは、あの鉄の爪にかかって殺されてしまう。目の前で殺されるのを見た興隆は、爺さんの旧友の松葉杖の男に特訓を受け、遂に秘技“笑拳”を会得する。これは人間の感情に基づいている喜び、悲しみ、わびしさ等と頭脳とパワーを同時に活用する拳法だ。いよいよ決闘の日、興隆は位く、笑う、怒るの3段笑拳で、殺し屋を倒し、爺さんの仇を討つのだった。...

作品データ

原題 笑拳怪招
製作年 1979年
製作国 香港
配給 東映
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 雑な部分もあるけど楽しめる ジャッキーの初期作品。 鍛え抜かれた肉体美やお馴染みのコミカル要素もふんだんに用意されています。 シティーハンターでもそうですが、女装が結構似合うよね。 本作の女装姿も中々。 テンポが悪かったり... ...続きを読む

    ジーナ ジーナさん  2016年10月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

クレージーモンキー/笑拳
クレージーモンキー/笑拳
2016年5月10日
¥324
DMM.com

他のユーザーは「クレージーモンキー 笑拳」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi