グレイスランド
ホーム > 作品情報 > 映画「グレイスランド」
メニュー

グレイスランド

劇場公開日

解説

自称エルヴィス・プレスリーと、新妻を失った青年の交流を描いたロード・ムービー。監督はデイヴィッド・ウィンクラーで、本作は長編第2作。脚本はジェイソン・ホーウィッチ、デイヴィッド・ウィンクラー。製作は「恋の闇 愛の光」のケリー・ブロカウ。製作総指揮はプレスリー未亡人のプリシラ・プレスリー。撮影は「恋は嵐のように」のエリオット・デイヴィス。美術は「めぐり逢えたら」のジェフリー・タウンゼント。編集は「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のルイス・コリナ。衣裳は「シンプル・プラン」のジュリー・ワイス。出演は「フェアリーテイル」のハーヴェイ・カイテル、「すべてをあなたに」のジョナサン・シャーチ、「ジャッキー・ブラウン」のブリジット・フォンダほか。

ストーリー

ボロボロのコンパチブルを運転する医学生バイロン(ジョナサン・シャーチ)。1年前、彼はこの車に同乗していた妻を事故で亡くして以来、外界から心を閉ざすようになっていた。メンフィスへ向かう道中、彼はヒッチハイカーの中年男性と出会う。 “エルヴィス”と名乗るこの男(ハーヴェイ・カイテル)、ファッションから話し方までエルヴィス・プレスリーになりきっている。バイロンはあまりのなりきりぶりに嫌気をさしながらも、次第に彼の話術に引き込まれていく。途中で立ち寄ったカジノで、バイロンはマリリン・モンローに扮したアシュレイ(ブリジット・フォンダ)にキスの洗礼を受ける。一方 、 “エルヴィス”はショーに出演。激しい緊張に耐え、どうにかステージを終えた “エルヴィス”は突然倒れてしまう。この時バイロンは“エルヴィス”のカバンから古い新聞記事を見つける。エルヴィス・プレスリーの死亡記事の裏面に、彼のファンという男性の妻子が飛行機事故で死亡した記事が “エルヴィス”の写真入で掲載されていた。記事の男性の調査をアシュレイに委ね、バイロンは回復した “エルヴィス”とグレイスランドのエルヴィス・プレスリーの屋敷へ向かった。暗い屋敷の中で涙に暮れる “エルヴィス” 。そして気がつくと二人はバイロンの妻の墓に来ていた。そこでバイロンは初めて現実を受け入れるのだった。ところがアシュレイによると、記事に該当する人物は存在しないとバイロンに知らせに来た。同じ頃 “エルヴィス”は新たな旅に出ていたのだった。...

作品データ

原題 Finding Graceland
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 東北新社
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全1件)
  • モノマネ芸人。 ハーヴェイカイテルが渋い役柄で。 自分がエルヴィスと本当に思っているのか? 外国のモノマネの人たちは胡散臭さはあまり無く本格的。 ストーリーが地味でイマイチ印象に残らない寧ろ残っていない作品。 ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年6月1日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「グレイスランド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi