クリムゾン・タイド(ネタバレ)のレビュー・感想・評価

クリムゾン・タイド

劇場公開日 1995年10月10日
2件を表示 映画レビューを書く

命令に右往左往 ネタバレ

通信が遮断された潜水艦内で、ひとつ前の指令通り核ミサイルを発射すべきか、危険を冒して傍受を試み最新の指令を受けるべきか、実地経験豊富な艦長と論理的で冷静な副官との攻防を描いています。

攻撃のタイミングを逸しては祖国に危険が及ぶ可能性があるものの、ひとつ間違えれば核戦争を引き起こしかねないという緊迫感が伝わってきます。

何が一番怖いかって、Gene Hackmanの顔から笑みが消える瞬間(^^;)。ロシアのワルより怖いです。
対してDenzel Washingtonの正義感溢れる透き通るような眼差し。

指揮系統が崩れることは軍隊にとって致命的ですね。
艦内で犬がオシッコとかアリなんでしょうか?!

深く潜るというだけで緊張する潜水艦モノですが、緊迫感では「Uボート」のほうが秀逸かなと思いました。

everglaze
everglazeさん / 2017年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

完全な密室での【疑心暗鬼】 ネタバレ

なぜかDVDでは低画質なものしか出てなくて
長いこと観たくても観ずに我慢してたけど
ようやくブルーレイで高画質版が出たんで買った

今観ても古さを全く感じさせない完成度で
逆に今作られたかのように現代的なテーマと
映像と音楽と編集と役者の演技が【ハイレベル】

今作られていたらアカデミー賞の作品賞を獲れたと
言い切れるほど素晴らしい密室劇

なぜアカデミー賞の作品賞にノミネートすらされなかったかと
いうと 恐らく ハリウッドがコノ手のジャンルを軽視していた
時代だったのと あのプロデューサーだったからかも・・・

開巻お約束のクレジットで 80年代を象徴するコンビ
【ドン・シンプソン&ジェリー・ブラッカイマー】の文字が出る

女と金とドラッグに溺れて波乱の短い生涯を終えた
色んな意味で映画史に残る名プロデューサーのドン・シンプソンは
やはり最後もドラッグで命を落とした・・・

『トゥルーロマンス』のクライマックスに出てきた映画プロデューサーのモデル
とも言われる彼が まだハリウッドを牛耳っていた頃の作品
という事でオープニングからハリウッドの黒歴史も垣間見える面白さ

超傑作『トゥルーロマンス』同様に
トニー・スコット監督と音楽のハンス・ジマー
脚本のリライトをノークレジットでクエンティン・タランティーノという
究極のハリウッド最強トリオが再集結した傑作

今観ると

デンゼル・ワシントン
ジーン・ハックマン
ジョージ・ズンザ
ヴィゴ・モーテンセン
ジェームズ・ガンドルフィーニ
・・・他多数

とキャストもかなり豪華

同じくトニー・スコット監督の傑作サスペンス『エネミーオブアメリカ』の
サブキャラの【隅から隅まで】豪華キャストな面々に 数こそ
負けるが みんなとても素晴らしい

ジーン・ハックマンがトニー・スコットの象徴である【赤いキャップ】を
常に被っているのも面白い

外界からの連絡が途絶えた潜水艦という
完全な密室で それぞれが疑心暗鬼になり
間違った行動をとる という大筋は
後の『ミスト』等と同じ構造で非常にスリリング

『フォーンブース』の様に狭い空間のみの演技合戦は
舞台作品のように緊張感で溢れていて 脚本も
ラストまで2転3転するので全く目が離せない

タランティーノが脚本のリライトを行ったおかげで
恐らく【映画クイズ】や【『スタートレック』ネタ】が
追加されたと思われるが それがまた効果的

潜水艦の乗組員を【スタートレックのクルー】に見立てて部下を
鼓舞するデンゼル・ワシントンは映画世代には理想の上司

この作品は

現代映画のエキスが濃厚に詰まった映画好きの為の映画

Natsuki
Natsukiさん / 2010年10月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi