鯨の中のジョナ
ホーム > 作品情報 > 映画「鯨の中のジョナ」
メニュー

鯨の中のジョナ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

78年にオランダで出版されて以来、世界16カ国で翻訳されているヨナ・オバースキーの小説『チャイルドフッド』(邦訳・キネマ旬報社)を原作に、ホロコースト下、ナチス強制収容所を舞台に、苛酷な現実の中で生き抜いた少年ジョナの成長を描いたドラマ。監督は「コップキラー」のロベルト・ファエンツァ、音楽は「明日を夢見て」の巨匠エンニオ・モリコーネ、撮影は「ハンガリアン狂詩曲」のケンデ・ヤーノシェ。出演は、タイトルロールのジョナに、4歳時にはルーク・ペーターソン、7歳時にはジョネー・デル・ヴェッチオが、ジョナの父マックスには「とまどい」のジャン=ユーグ・アングラードがそれぞれ扮している。

ストーリー

1942年、アムステルダム。4歳になるジョナ(ルーク・ペターソン)は、父マックス(ジャン=ユーグ・アングラード)、母アンナ(ジュリエット・オウブリィ)の愛に包まれ、幸せに暮らしていた。だが、ナチスの台頭とホロコースト渦は、ユダヤ人である彼らの運命を次第に不幸へと追い込んでいく。ある日突然、商店は食料の販売を拒否し、服の胸部にはユダヤ人を示す『星』の紋章が縫い付けられ、幼いジョナまでが見知らぬ者から「汚いユダヤ!」と罵られる。そしてその日が来た。ナチスの兵隊によって、アムステルダムのユダヤ人たちは連行され、ベルゲン・ベルゼンの強制収容所へ送り込まれたのだ。やがて3年が過ぎ、ジョナは7歳(ジョネー・デル・ヴェッチオ)になっていた。強制労働と虐待の日々は絶え間なく続いたが、ハンナは「いつも空を見上げて。人を憎んじゃだめよ」と、ジョナを励ますのだった。だが、父マックスは死に、ジョナは徐々に無口に、心を閉ざしていった。ある日ユダヤ人たちは次の収容所へ移動するが、その先には恐らく確実に、死が待っていた。彼らを絶望が覆うが、僥倖が起こった。輸送列車をソ連軍が急襲、事態は一転、ユダヤ人たちは解放されたのだ。ジョナたち親子にも、再び自由で幸福な日々が訪れるはずだったが、病院に入院したハンナが死を迎える。アムステルダムに住むマックスの友人ダニエル夫妻がジョナを引き取るが、ジョナの心は冷たく閉ざされたままだった。困惑する夫婦。そしれそれは、ある朝のことだった。ジョナの眼前に、父マックスの幻が現れたのだ。驚くジョナに、まるでいつも見守っていると言いたげなように、優しく微笑むマックス。ジョナもまた、生きる勇気と希望を、忘れていた笑顔を取り戻すのだった。...

作品データ

原題 Jena che visse nella balena
製作年 1990年
製作国 イタリア
配給 HRSフナイ
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「鯨の中のジョナ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi